寒い冬には足先が凍える

今年の冬は例年と比べて寒い日が多く、また暖かくなってきたとは言え、気温差もあり、まだまだ肌寒い日が続きますね。近年、地球温暖化のせいか、暖冬続きで「子供の頃って、もっと寒かったよね」というのがガイドの周りでよく言われていたことですが、今年の冬はさすがにその昔ながらの寒さを痛感させるような冬となりました。

子供の頃の冬の思い出の一つに、足が冷たい!というのがあります。スニーカーや革靴を履いて、足の裏やつま先が冷え、ちょっと痛くなることがよくありました。いま考えてみれば、防寒用のブーツでも履かない限りは夏でも冬でも同じ靴を履いているので、地面が凍るような寒さの冬に足が冷えるのは当然。特につま先の冷えは、さすがに最近はしもやけにはなりませんが、冷たさに堪えることも。そんな足先の冷えを防止するアイテムを今回はご紹介しましょう。

写真は靴下とつま先ウォーマー。つま先ウォーマーは足のつま先部分をすっぽりと覆うように半円形をしています photo:石井幸久


機能素材のつま先ウォーマー

読者の中には寒い冬には靴下1枚だと凍えるので、2枚重ねて履いているという人もいるのではないでしょうか? でも、靴下を二枚重ねて履くと靴も履きにくいし、ゴワゴワしてあまり心地のよいものではありません。

そこで紹介したいのが、そんな悩みを解消してくれる防寒グッズ「つま先ソックス」。つま先ウォーマーとも呼ばれています。このつま先ウォーマーは、靴下の上から履け、つま先の部分だけをカバーするので履き心地の点ではあまり気になりません。近年、アパレル業界では機能素材が大人気。特に、冬では保温性、吸湿性、発熱性などのある機能素材が注目を浴びています。つま先ウォーマーにももちろんこのような素材が使用され、寒い冬でもつま先の冷えを防ぎ、保温・防寒に役立っています。


次のページでは、つま先ウォーマーのさらなる情報です。

【最新記事】
ブーツインにふさわしいデニムとは?
シアバターで男の潤いを取り戻そう!
誰にでも似合う!ニット帽のかぶり方のテク