オーダーシステムを比較する

スーツのオーダーシステムには、オーダーメイド、イージーオーダー、パターンオーダーの3つがあります。そして、ここ数年、男性の間で人気なのがパターンオーダーです。写真:©Razvan Photography Image from BigStockPhoto.com
最近人気のスーツのオーダシステムに「パターンオーダー」というものがあります。しかし、スーツの注文システムには、昔からある「オーダーメイド」や「イージーオーダー」といったものもあり、いささか混乱している人が多いのではないでしょうか? そこで今回は、これら3つのスーツのオーダーシステムを比較し、パターンオーダーの人気の秘密を探ってみたいと思います。まずは、これら3つのオーダースーツを、1)作り方、2)サイズとフィット、3)ディテール、4)価格において比べてみました。

【作り方】
オーダーメイド
採寸し、型紙をつくる。その後、仮縫い、調整し仕上げる。すべてにおいて指定ができる最高級のスーツのオーダーシステム。ほとんど手作業で進める。

イージーオーダー
オーダーメイドを簡素化したもので、工場生産する。既製服とオーダーメイドの中間だが、どちらかといえばオーダーメイドに近い。工場がもっている既存のたくさんの型紙の中から自分の体型に近いものを選び、調整し、仕上げる。基本的に仮縫いはない。

パターンオーダー
既製服体型(A体、Y体などのサイズ)の中で自分の体型に近いものを選び、調整し、仕上げる。これも既製服とオーダーメイドの中間だが、どちらかといえば既製服に近い。工場生産する。基本的に仮縫いはない。

【サイズとフィット】
オーダーメイド
注文主の体型に完全にぴったりフィットしたスーツを作れる。

イージーオーダー
注文主の体型に比較的合ったフィットのスーツを作れるが、完璧に合ったものではない。

パターンオーダー
標準体型の人には、自分に比較的フィットしたスーツを作れる。標準体型でない人には体型にフィットしたスーツをつくることは難しい。

【ディテール】
オーダーメイド
生地、ボタン、裏地、ステッチ、本切羽などのディテールを何でも自分の好みに合わせて何でも選ぶことができる。

イージーオーダー
生地、ボタン、裏地、ステッチ、本切羽などのディテールを何でも自分の好みに合わせて何でも選ぶことができる。

パターンオーダー
生地、ボタン、裏地、ステッチ、本切羽などのディテールをいくつかのオプションの中から自分の好みに合わせて選ぶことができる。

【価格】
オーダーメイド
高額 18万円くらい以上

イージーオーダー
オーダーメイドに比べるとかなり手頃。6万円くらい以上。

パターンオーダー
比較的手頃。売れ筋は7万円~10万円。最近は高級化がすすみ、高額の商品も登場している。

【納品】
オーダーメイド
約3週間くらい
イージーオーダー
約3週間くらい
パターンオーダー
約1週間くらい

次のページでは、パターンオーダー・スーツの人気の秘密を解説します。


【関連記事】
■最新記事
髭剃りに失敗したときの血止め方法
スーツを着るときの靴下選びのコツ
男のバレンタイン 日米比較