待望の「スーツの百科事典」発売される!


スーツの百科事典
服飾評論家の出石尚三さんです。先日、出版を記念したパーティがあり、行ってきました。
先月、「THE SUIT ENCYCLOPEDIA スーツの百科事典」(畑埜佐武郎 監修 出石尚三 著/万来舍)の出版を記念したパーティーがあり、喜んで行ってきました。

服飾評論家の出石尚三さんは、これまでメンズファッションに関する多くの本を書かれていますが、この本はタイトルどおり、スーツに関するすべてを網羅した内容になっています。

とはいえ、いわゆるハウツー本ではないので、カラー写真を使ったシャツやネクタイとのコーディネイト術などはありません。スーツの文化史などスーツにまつわる内容が中心で、歴史を掘り下げて解説しています。これ一冊読めば、これまでとスーツの見方が変わるかも。

スーツの百科事典
パーティには多くの方たちが集まりました。
「これは便利だな」、と思ったのがフォーマル・ウェア・ドレス・チャート、仕立職人用語辞典、スーツ用語辞典。これはけっこう役立ちます。あと、巻末のショップガイドも、厳選したお店なのでおすすめです。

で、出石さんにお伺いしたところ、少しでもスーツに興味を持つ若者に読んでもらいたい。そんな思いから筆をとったそうです。全部で500ページ近くあり、内容はすべて書き下ろしとのこと。←これって凄いことですよ。価格は4000円+税とちょっと高めですが、それだけの価値はあると思います。

次のページは、たまにはファッション本を読みましょう