イギリスのアンティーク カフリンクス

 
oldhat
イギリス海軍の紋章を施したチェーン式カフリンクス。赤と白のエナメルがとても綺麗です。価格18,900円。問OLD HAT。

ビジネスマンのシャツの袖口は折り返さないタイプのものが主流ですが、袖口をダブルにしてカフリンクスで留めると、ぐっとドレッシーな雰囲気になります。いつもと同じスーツでも袖口からカフリンクスがチラっと見えるだけで周囲に与える印象も変わります。

昨今のカフリンクスブームにより、で既製品のシャツでもダブルカフ仕様のものが増えており、購入が容易になりました。既製品でサイズが合わないときはオーダーメイドするのも方法です。パターンオーダーだとけっこうお手頃です。

最近は面白いデザインのカフリンクスも増えてきており、それはそれで楽しめますが、ときにはイギリスのアンティークのものを着けて背筋をピンと正すのもおすすめです。

先日、原宿のOLD HATに立ち寄ったところ、かなりの数のカフリンクスが入荷していましたので紹介しますね。もちろんイギリス製です!
 

チェーン式のアンティーク カフリンクス

 
oldhat
アールヌーボー期の装飾的な意匠を映すカフリンクス。19世紀末のもので、白蝶貝が施されています。価格25,200円。問OLD HAT。

さて、アンティークのカフリンクスもいろいろありますが、イギリスのものは圧倒的にChain Link(以下チェーン式)のものが多いです。これはフェイス(Face)とバッキング(Backing)をチェーンや8の字型の金具などでつないだタイプです。

バッキングとは手首の内側にくるパーツのことで、ボタン穴からカフリンクスが外れないように裏から押さえている(支えている)部位です。なかにはどちらもフェイスになったダブルフェイスのものもあります。
 
oldhat
チェーン式のシンプルなカフリンクス。ニッケルシルバーにエナメルのストライプを施したデザイン。とてもモダンな雰囲気です。1930年代製。価格18,900円。問OLD HAT。

チェーン式のカフリンクスは、種類も多くて選ぶ楽しみがある反面、着用するのに慣れが必要です。シャツの袖口にカフリンクスをセットしてから袖を通すのが楽なんですが、オーダーしたシャツの場合、手首周りをある程度フィットさせるようにしているため、手を通す余裕がありません。

そのため、袖を通してからカフリンクスを装着することになりますが、あらかじめ袖口のボタン穴の片方(外側)にカフリンクスを着けておき、袖を通してから内側のバッキングを留めるのがコツです。一方の手しか使えないため慣れるのに時間がかかります。

執事に留めてもらうのが理想ですが、次善策として妻か恋人、母親にお願いしましょう。それが難しい人はスナップ式のカフリンクスがいいでしょう。
 
oldhat
対になったカフリンクスを引っ張ると中からチェーンがでてきます。チェーンが伸縮するエクステンションカフリンクスです。ゴールドプレート。1930年代製。18,900円。問OLD HAT。

チェーン式にも、対になったカフリンクスを引っ張ると内蔵されたチェーンが伸びる構造のものがあります。あらかじめシャツの袖口に着けておいて、袖を通すときにチェーンが伸び、そして縮むという画期的なアイデアものです。

次のページでは、ちょっと変わったカフリンクスを紹介します