コーチ


最近アメリカブランドに心惹かれてしまう。といってもウエスタンやネイティブなものではなくて、ニューヨークと、その周辺の州から生まれたブランドだ。

コーチ
靴ガイドの飯野さん愛用のコーチです。ライニングなしというのがアメリカンな感じ。それだけ革が上質で丈夫ということなんでしょう。手入れも完璧です。

たとえばコーチ(COACH)は1941年にニューヨークで創業し、1962年にグラブタンレザー(通称グローブレザー)のバッグを手掛けている。

柔らかく表面の光沢を抑えたナチュラルさが日本でも受けて、1990年前後に火がついた。

その後、レディスに力を入れるようになったためか、一時の人気はないものの、このレザーを使ったバッグは今でも魅力に満ちている。

先日、シューメーカーの柳町弘之さんの新しいアトリエ「HIRO YANAGIMACHI Workshop」のオープンの際に、靴ガイド 飯野高広さんの姿を発見。彼の愛用しているバッグがコーチだったのである。

以前から使われているようだが、しっかりアフターケアされ、ほどよい光沢を放っていた。

つまりこのバッグはメンテナンスさえしっかりすれば、かる~く10年以上は使えるだけのハイクオリティさをもっているということだ。

もう作っていないと思ったら「クラシックコレクション」で展開しているようだ。ちなみに私は小銭入れとアタッシェケースを(ときどき)使っている。

次のページは、「ポロとティファニー」です