外国人旅行者にも人気なのは空港至近なアウトレット

外国人旅行者にも人気なのは空港至近なアウトレット

個性が光る中四国地方のアウトレット。中国地方(広島)にひとつ、そして四国(愛媛)にひとつ。いずれも地域密着型の複合商業施設で、観光を兼ねたショッピングが楽しめる立地性。九州地方は、一大商圏・博多を舞台に福岡と佐賀がシェアを分けます。そしてリゾート沖縄は、那覇空港近くでインバウンド(訪日外国人)の誘致にも積極的です。中国・四国・九州・沖縄地方のアウトレットを紹介します。

中国・四国地方のアウトレット 

中国地方唯一のアウトレットは、広島港湾に広がるマリーナホップ・広島フェスティバルアウトレットです。オープンは2005年、広島観音アリーナに隣接した、海沿いのスポット。レトロなマイアミをコンセプトにしたつくりが特徴です。JR広島駅からのアクセスは、路線バス(広電バス3号線)で約40分、山陽自動車道の広島インターか五日市インターを降りて約1時間の距離にあります。周辺には、厳島神社も控え観光ついでの立ち寄りやファミリーでのレジャーにおすすめです。

四国唯一のアウトレット、愛媛県東温市のレスパスシティ クールス・モールは、モール出店が相次いだ2000年ミレニアムの開業。典型的な複合型商業レジャー施設で、その総称がレスパスシティです。レスパスシティには、アウトレットのクールス・モールはじめ、温泉宿泊施設「見奈良天然温泉・利楽」や地域文化を発信する「坊ちゃん劇場」、ゴルフやフットサルなどアウトドアのためのレジャー施設「ジョイグリーン」があり、施設内で丸一日楽しめる工夫がなされています。場所は、松山・道後温泉のお膝元。伊予鉄横河原線・見奈良駅から徒歩か、JR松山駅から所要約1時間の無料シャトルバスを利用。車なら松山自動車道の川内インターを降りてすぐというロケーションです。