あなたのパンツ、見られてますよ

テーラー・ケイド
ポリエステル混で有名なネバダという名のバンチ(生地見本)。国産の生地でもポリエステル混のものがある。問テーラー・ケイド
クールビズということで、夏向けのパンツ(ズボン、トラウザーズ)についてアレコレ考えてみました。

ビジネスマンもクールビズのおかげで、スーツからシャツ+パンツという軽装になります。

「それじゃあ上着を脱げばいいだけ」という考えもありますが、やはりスーツ用のパンツを穿き続けるのではなく、パンツのみ単体で購入してほしいです。

スーツだとジャケットのシルエットやネクタイ付近に視線が集まるのですが、ネクタイを外して、上着も脱いでしまうと、とうぜんシャツとパンツが目立つわけです。


クールビズになって、ほとんどの人はスーツ着用時よりも、だらしな~く見えます。

若くて脚の長い人はいいのですが、お腹の出た短足の体型の人はスーツで体型補正できないので、パンツ選びには注意しないと駄目です。

シャツはいいんですよ。最近のものはクールビズを意識して、ややタイト気味で、衿も高く設定していたり、お洒落なクレリックシャツが登場したりしているので、インスタントにカッコよく見えます。日本のシャツメーカーの努力はほんと凄いんです。

テーラー・ケイド
2%カシミヤ混のトロピカル。少しドレッシーな雰囲気の生地である。問テーラー・ケイド。
問題はパンツのほうで、これからの季節はパンツ丸裸というか、ウエストから裾までしっかりとシルエットを見られてしまいます。とてもこわいですねー(笑)。

もちろんチョークストライプのスーツ用のパンツなんか合わせていると、すぐにバレます(笑)。お洒落に見えてもストライプのパンツは避けたほうがいいでしょう。

イージーオーダーフルオーダーでしっかり採寸して、補正したスーツなら、パンツのみを穿き続けてもOKだと思います。ただし無地の場合です。

既製スーツのパンツは、ウエストが少々きつくても、緩くても上着に隠れてバレませんでした。

それに少しくらいシルエットが太くても、細くてもどうにかなったのですが、もう駄目です、バレます。

で、一番のおすすめはイージーオーダーかフルオーダーのパンツです。しっかりと採寸し、素材や色が選べるので既製品よりもカッコよく見えます。イージーオーダーでもO脚の補正程度ならやってくれるはずです。


次のページは、「テーラー・ケイドでアレコレ聞いてきました」です