あのクルーソックスが復刻した!


ハリソン アイビークルーソックス復刻版
ハリソン アイビークルーソックス復刻版。全6色。価格各735円(税込み)。黄や赤のストライプも素敵だけど、落ち着いたグレー×エンジもおすすめ。
ついにハリソンの「アイビー クルーソックス」が復活しました! 「えっ、クルーソックスって何?」という若い世代のためにいちおう説明しますと、ローゲージのリブ編みスポーツソックスのことで、色は白か生成りが基本です。

日本では1960年代~1970年代に流行りました。ボクも1970年代の終わり頃、よく3本線のクルーソックス(廉価な類似品)を、リーガルのキャンバスデッキシューズにあわせて、白球を追いかけていました! 白球といっても軟式テニスですが。


ハリソン アイビークルーソックス復刻版
やっぱりクルーソックスの魅力はこの3本線ですね。ほんと、リブ編みとストライプはよく似合うと思う。
じつはこのクルーソックスブームの火付け役が、今回紹介するハリソンなのだ。

1966年に発売して以来、全国のトラッドショップで爆発的にヒットする。ちょうどアイビーファッションのブームと重なったというわけ。

その後、廉価な類似品が出回りはじめ、さらに世の中のファッションの趣向も変わってしまい、1992年に生産中止を余儀なくされてしまう。

その後は、一部のメンズショップで別注としてスポット生産は行っていたが、定番商品として復刻することはなかったのである。

それがついに復刻したのだ! ホームページを見たボクよりひと回り上の50代の方々から、復刻を望む声が多数寄せられたそうだ。

で、今回復刻したのは当時もっとも人気が高かったスクールストライプで、品番♯8333も昔のままというこだわりぶり!


肉厚で、しかもフィット感に優れる!


ハリソン アイビークルーソックス復刻版
非常にパワーの強いポリウレタンを使用しているので、フィット感が素晴らしい。
編機は国内では珍しい釜径の大きい84本のローゲージリブ編機を使用し、肉厚感と優れたフィット性を実現している。

表糸にはソフトで軽やかな風合いをもつハイバルキー綿混を使用。安価なソックスは、コストの安い単糸を使っている場合が多いが、ハリソンは双糸を使っている。

双糸にすることで耐久性が向上し、均整がとれた美しい編地に仕上がるのである。また、染色で糸本来の風合いを損なうことがない生成りベースというのも魅力だ。

綿カスがわずかに残っているのは、無駄な精錬を行っていない証である。

裏糸にはCSYという綿ポリウレタンを使っている。このCSYは直接肌に触れる部分は綿100%(ストレッチコットン)という優れものなのだ。


ハリソン アイビークルーソックス復刻版
今回の復刻版では、初期モデルの仕様を忠実に再現。ゴム糸はトップのみに使用し、その下は2×1リブになっている。つまり、ふくらはぎの一部分だけ強く締めつけるのではなく、足全体にフィットするように設計されているのだ。
現在市場に出回っている一般的なソックスは、肌に直接触れる部分にナイロンやポリエステルを使っているのがほとんど。穿き心地が悪いだけでなく、肌にだっていいわけがない。

ハリソンが採用しているCSYは糸のロットによって伸縮性が異なるため、一定の大きさのソックスにするのが非常に難しい。

だから他メーカーはコスト面から、このように不安定な糸を使わないのである。

このようなリスクを負ってまで、穿き心地を追求するハリソンには心から拍手を贈りたい。


次のページは、「実際に穿いてみた感想と、お問合せ先」です