注目のブレザーにスクールマフラーを巻こう


ブレザーとスクールマフラー
典型的なI型のブレザーに、スクールマフラーを巻く。昔ながらのもっともベーシックな巻き方にこだわりたい。インナーにはクリケットベストをチョイス。ブレザーは昔のニューヨーカー。私物。
ここ最近注目されているブレザーに、スクールマフラーを巻いてみました。

ほんとは3パッチポケットの英国型ブレザーを合わせるのが正しいのですが、あまり正統派すぎるのもカッコ悪い。

で、あえて、3つボタン段返りの典型的なI型をコーディネート。スクールタイも締めない。

できればジーンズにホワイトバックスが雰囲気です。もっとくだけて、フランス生産時代の古いスタンスミスを履くなんてのも、かなりカッコいいです!


英国製スクールマフラー
英国製のスクールマフラー。ケンブリッジ大学の指定マフラーか? ニットのタイプより、このウールタイプが本格派だ。私物。
ラルフ・ローレンもこの秋、エンブレム付きのブレザーを発表していたので、押入れの奥から、捨てられなかったエンブレムを探してください(笑)。

スクールマフラーはニットタイプじゃないほうがいいと思います。

'80年代の名作『炎のランナー』の世界を、プレッピー風に味付けしてコーディネートしてみました。


フォーマルには光沢のあるマフラーを合わせる


フォーマルウェアと光沢のあるマフラー
限りなく黒に近いネイビーのスーツ。生地は本格的なフォーマル用。合わせるマフラーも同系色にしてみた。私物。
フォーマルウェアには光沢のあるマフラーを合わせたい。

写真では黒に見えますが、限りなく黒に近いネイビーのスーツです。素材は完全にフォーマル用のものです。


55%のシルクと45%のウール
光沢感の秘密は55%のシルクと45%のウール。フォーマルウェアの基本は白のシルクだが、このタイプのものならビジネススーツでも使えるだろう。
それにシルク55%×ウール45%のマフラーをコーディネート。

典型的な白やシルバーではなく、ネイビーというのがさりげなくていいと思います。

これなら普通のビジネススーツにもコーディネートできる。


生地のアップ
近くで見ると同系色の花柄刺繍が施され、なかなか贅沢な雰囲気を漂わせている。
近くで見ると花柄部分が刺繍してあって、なかなか凝ったデザインです。

今回はダークスーツに合わせていますが、ディレクターズスーツやタキシードに合わせてみても面白い。


次のページは、「マフラーによく使われる素材とは」です