マフラーが1本あるだけでは、すべてのコーディネートをカバーできるわけではない。できれば高品質な素材を使ったカジュアル用、ビジネス用、フォーマル用の数本を揃えておきたい。

ニットに合わせるカジュアルなマフラー


アランカーディガンとニットマフラー
アランカーディガンにはニットのマフラーをコーディネート。素材感を生かした組み合わせだ。私物。
しかし少ない本数でも巻き方を工夫するだけで、雰囲気もガラッと変わり違う表情を見せてくれる。まずはニットに合わせるカジュアルなマフラーで巻き方を考えてみよう。

フィッシャーマンセーターなどのケーブル編みのニットには、やはり凹凸感のあるニットマフラーが似合う。ニットが無地なので柄の入ったマフラーをコーディネートしたい。


定番のチェックマフラー
グレーのカーディガンには色が映える赤のチェックマフラーをコーディネート。カシミア100%の光沢感を生かすために、ボリュームの出る巻き方を選んでみた。私物。
落ち着いたグレーのカーディガンには、赤のチェックマフラーを合わせる。巻き方は丈が長いので両端を後ろ側にぐるりと回して、首元にボリュームを出してみた。マフラーの素材は少し光沢のあるカシミヤ100%。

このタイプの定番マフラーは、ジャケットやスーツにも似合うから1本持っていると役立つはず。

カシミヤ100%といっても超高級なチャイニーズカシミヤではなく、そこそこのグレードのものなので実用的だ。


アランニットとデザインされたマフラー
プルオーバーの生成り色アランニットにはドレイクスのデザインされたマフラーをコーディネート。マフラーの丸みを生かして、フロントでシンプルに結んだ。私物。
生成りのアランニットにはデザインされたニットマフラーをコーディネート。

これは数年前のドレイクスのマフラーで、素材はラムウール75%とアンゴラ25%

巻き方は丸みのあるデザインを生かして、フロントでシンプルに結んでみた。


クルーネックセーターとキャメルヘアのマフラー
英国ウールを使った簡素なクルーネックセーターには、キャメルヘアーのマフラーを普通に巻く。究極のシンプルさを追求する、トラッド好みの組み合わせだ。私物。
もっともベーシックなシェットランドセーターには、あえて同系色のチェックマフラーを普通に巻いてみた。

ポイントはラムウールではなく珍しいキャメルヘアという点だ。ただし、普遍的なデザインなので、ジャケットやスーツにもよく似合う。


次のページは、「注目のブレザーにスクールマフラーを巻こう」です