マウンテン・パーカを再び着よう


シエラ・デザイン 60/40パーカ
マウンテン・パーカの基準にして、最高の作りを実現したシエラ・デザイン。ポケットの多さが役立ちます。おそらく1980年代製。
ある世代にとって、この「マウンテン・パーカ」(以下マウンパ)はもの凄い威力をもつ呪文のようなものだ。とくに’70年代のヘビーデューティーや’80年代前半の第2次アイビーブーム、同じく’80年代後半のアメカジをかじった人たちは、マウンパと聞いただけで気分が高揚するはずだ。

そんなボクも’80年代の中頃に、『ウールリッチ 』と『エルエルビーン 』のどちらにするか迷いに迷ったことを思い出す。けっきょく「ウールリッチ」を買って、10年以上はとにかくよく着ていた。糸がほつれると針でチクチクやったり、それはそれは大切にかつ乱暴に着ていました。


シエラ・デザイン 60/40パーカ
地図などを入れるために考案された背中の大型ポケット。これにより保温効果も上がるのだ。もちろんフード付き。
マウンパのなかでも、とくに有名なのが他社に先駆けて1968年に発売された『シエラ・デザイン 』(シエラ・デザインズとも呼ぶ)の60/40(ろくじゅう、よんじゅう)パーカである。つまり60%のコットンと40%のナイロンのこと で、タテ糸にコットン、ヨコ糸にナイロンを使って織り上げた生地から命名している。


ヘビーデューティー派が大好きな本


マウンパを買う前に読むべき本
ヘビーデューティー&アウトドアを日本に広めた両氏の名著。これを読まずしてマウンパを着るべからず。古本屋かネットで見つけてください。
さて、マウンパを知るにはこの2冊の本をぜひ読んで欲しい。イラストレーターの小林泰彦さんの著書「ヘビーデューティーの本/婦人画報社/1977年初版」と、夕陽評論でお馴染みの油井昌由樹さんの「アウトドアショップ風まかせ/晶文社/1985年初版」である。ともに新品では手に入らないはずだから、古書店やインターネットオークションで探すしかない。油井さんの方は伝説のショップ「スポーツトレイン」のことが詳しく書かれている。


次のページは、「シエラ・デザインの作りのよさを徹底チェック」します