ここでいうアウトドアのファッションというのは、釣りやキャンプといった特定の目的のための服装ではなく、通常のカジュアルウェアよりも頑強な作りで、防水性や保温性など高機能なスペックを備えるウェアのことだ。ものによっては街中で着たっておかしくないものもあり、もっとも重宝するアイテムである。

寒冷地に行くなら・・・。

シアトル発 フィルソンのマッキノウ・クルーザー

頑強なウエアといえば『フィルソンのマッキノウ・クルーザーだ。バージンウールの生地がシングルと二重になったダブルのものがあり、ダブルならかなりの寒冷地でも保温力がありそうだ。定番柄の赤×黒もいいが、グレーも大人っぽくておすすめだ。ここまでくると足元はスニーカーよりブーツが似合う。

耐久性に優れるレッドウイング日本で圧倒的に支持されている『レッドウイング』なら、全国どこの街でも入手しやすいだろう。またユーズド市場も活気があり、比較的安価に買うことだってできる。最近見なくなったが街中で履けるのも『レッドウイング』の魅力だ。


本格的な寒冷地に行くなら『ソレル』ブーツははずせない。こいつはアッパーがゴム引きになっていて水の侵入を完全に防ぐ。さらに中のボアで保温力を高めているのだ。雪の上を歩くならこのブーツが大活躍するだろう。

とくにスキーのジャンプ競技を見るときなど、長時間の雪上でも平気だ。ただし街まで戻ってくると恥ずかしい思いをする。

次のページは、レッドウイングと双璧をなす「ラッセル」です