休みの日だからといって、パジャマ姿で家のなかをウロウロしてはいけません。まあ、スエット(トレーナー)の上着だけならいいでしょう。でも上下お揃いは絶対に駄目。けっきょく誰も見ていないから、「家族だけなんだからパジャマでもいいや」と、つい怠惰な気持ちになってしまい、ズルズルとオジサン化が進行していくのである。

ゆったりジーンズとチノーズでくつろぐ

ネルシャツにはチノーズがよく似合う部屋でくつろぎながらお洒落に見えるコーディネートといえば、パンツ(ズボン)ならジーンズチノーズ(チノパン)。ジーンズはワンサイズ上のウエストサイズのものを穿くとリラックスできるし、フィットしすぎるのはもはやカッコ悪い。所ジョージのような穿き方がお洒落だ。

チノーズの場合も同じように2プリーツ(タック)の入ったものなら動きやすい。たとえノープリーツでもクラシックな太めのタイプなら誰でも似合うはずだ。


リージェントベルトかならずベルトはすること。それだけで緊張感が生まれ、だらしなく見えない。ただしスーツに合わせるようなドレッシーなタイプではなく、カジュアルなものを選びたい。

おすすめは英国『ホワイトハウスコックス』のメッシュタイプ。少し値が張るものの、微妙なウエスト調整ができるので1本あるとほんと助かる。ボクはもっと安い英国『リージェントベルト』社製のものを数本揃えていて、ローテーションで使っている。ジーンズやチノーズにもよく似合う。


次のページは、賢い「シャツとセーター」の選び方です