この冬に入って2つの記事でおすすめのダウンジャケットを紹介しましたが、「あのブランドは?」と思った方もいると思います。そう、ダウンウエアの最高級ブランドにして、人気を高め続けているMONCLER(モンクレール)です。

1952年にフランス・グルノーブル郊外で創業して以来、フランス規格協会から認定された最高品質のダウンのみを使用。動きやすさに加え、軽量かつ抜群の保湿性も兼備しています。1954年のカラコルム登頂隊をはじめ、世界中のアルピニストから絶大な支持を得ながら、今日ではエレガントに着こなせるプレミアム・ダウンとしても愛され続けているのす。

思い切りスポーティーなBRANSON


MONCLEAR
真っ赤なBRANSON 13万9650円(モンクレール/モンクレール ジャパン TEL:03-3486-2110) Photo:佐山順丸

今回は、数あるモデルの中から7つをピックアップし、2回の記事に分けて紹介。ダウンはすべて、フランス厚生省が定める4Flocons(フロコン)という最高級のフランス産ホワイトグースを使用しています。すべてにおいてクオリティが高い分、(価格もリーズナブルではありませんが)一生ものとして一着は持っていたいのがMONCLER(モンクレール)なのです。1回目なる今回は、比較的カジュアルなモデルを紹介します。

まずは、サッと羽織るだけでコーディネートの主役になる鮮烈な赤が印象深いBRANSON(ブランソン)。フードのセンターから後ろ身頃のセンター部分まであしらわれたトリコロールのテープが、スポーティな印象を振りまきます。

フードの取り外しも可能なので、シーンに合わせた演出も可能。16色をものカラーバリエーションがあるので、お気に入りの色をまとうことができます。

次のページでも、カジュアルな存在感を放つモデルをまだまだ紹介します。