先月の記事「人気絶頂! マウンテンブーツ」でも書いた通り、今季はアウトドアスタイルがキーファクターのひとつです。そこに数年来の人気が重なり、ダウンジャケットの注目度が最高潮に達してきました。そこで今回は、オススメのアイテムをカウント“ダウン”形式で紹介したいと思います。

第5位:マムートのダウンジャケット

マムートのダウンJKT
ロゴマークがアクセントとなっているブラック×グレーの色合いが洗練された印象。6万1950円/マムート(マムートスポーツグループジャパンTEL:03-5953-5777)

マムートは、1862年にスイスで設立された老舗ブランドです。以来、クライミングロープの先駆者として高い信頼を得てきました。1993年にソフトシェルを開発してからは、アルパインウエアブランドとしてもその人気に拍車が掛かり、機能性とファッション性を融合させたアイテムを多数生み出しています。

ブラックとグレーのバイカラーがスタイリッシュな写真のダウンジャケットは、映えている赤いロゴマークもチャームポイント。ソフトで軽量なナイロン素材は、マムートならではの快適な着心地をもたらしてくれます。襟の内側に手触りの良いフリースを配すなど、細部まで配慮が行き届いています。また、フロントにはジップポケットが3つ付き、内側には大きなメッシュポケットを備えるなど、収納力も充分確保されています。

第4位:ピレネックスのダウンジャケット

ピレネックスのダウンJKT
ブランズとブラックのリバーシブル仕様。4万7250円/ピレネックス(ル グローブTEL:03-5775-1817)
1859年にフランスでスタートしたのがピレネックス。アヒルやガチョウの飼育で世界的に有名な地方で、ダウンとフェザーの取引専門会社として設立されました。伝統と先端技術によって製造される“eldeven™ down&feathers”は、高級なフォワグラを採取するためにピレネー地方の厳しい環境下で飼育されたグース1羽から、僅かしか取れない最良の羽毛を使用しています。

写真のダウンジャケットはリバーシブル使用。トレンドカラーのメタリック系に通じるブロンズの裏は、ブラックとなっています。どちらの面も基本デザインは一緒。シンプルなので、合わせるアイテムを選びません。柔らかい素材が、その軽やかさには不似合いな温かさをもたらしてくれます。

次のページでは第3位~第1位を発表します。