H.モーザーの歴史は18世紀にまで遡る

スイス北東部のシャフハウゼンといえば、有名なIWCを思い浮かべる人が多いだろう。もう一つ、この都市と縁の深い時計ブランドがある。今回紹介するH.モーザーである。2005年に現代のブランドとして同名の時計を発表したH.モーザーだが、その歴史を遡ると18世紀にまでたどり着く。ブランド名にあるヨハン・ハインリッヒ・モーザー(1805~1874年)の祖父は、1730年にシャフハウゼンに生まれた時計職人。父も時計職人で、ハインリッヒ自身も父のもとで時計製作を学び、のちに時計メーカーとしてロシア市場で大成功を収める。

また、シャフハウゼンの鉄道事業やライン川のダム建設と電力事業に乗り出して産業を活性化させるなど大活躍した。IWCの創業に際して、土地の提供や電力供給でバックアップしたのもハインリッヒ・モーザーだった。その後も同社の時計づくりは続くが、紆余曲折をへて、2002年に現代のブランドが再建される。2005年には新生H.モーザーの時計が発表され、翌2006年には、バーゼルで本格コレクションが披露された。
 

H.モーザーの魅力1
シンプルの背後にある高度な先進技術

H.モーザー「ヘンリー・ダブル・ヘアスプリング」
2007年の『ヘンリー・ダブル・ヘアスプリング』。手巻き、18KRGケース、228万9000円

H.モーザーの時計は、どれもシンプルなデザインだが、ムーブメントには革新的な技術が凝らされているのである。たとえば、2007年春のバーゼルで話題になった『ヘンリー・ダブル・ヘアスプリング』は、時計の規則正しいリズムを司るテンプのひげゼンマイを2本組み合わせて重心誤差を補正するという画期的な機構を備えている。

■シンプルな仕組みでトゥールビヨンと同様の効果
H.モーザー「ヘンリー・ダブル・ヘアスプリング」のムーブメント
『ヘンリー・ダブル・ヘアスプリング』のムーブメント。4日間パワーリザーブの大型香箱や、ムーブメント側に配したパワーリザーブ表示、取り外し可能な脱進・調速装置が特徴

2本の非磁性、自己補正型ひげゼンマイによるダブル・ヘアスプリングの優れた点は、シンプルな仕組みでトゥールビヨンと同様の効果が得られることにある。トゥールビヨンは、重力がテンプに影響して生じる誤差を補正する複雑機構だが、H.モーザーの技術者は、トゥールビヨンのような大がかりな機構を用いず、重心誤差の生じるまさにその核心部で補正を行い、高い精度を実現するというじつにシンプルでエレガントな方法を開発したのである。

次は『マユ』についてご紹介