普段からジョギングを行っている方や、今冬マラソンに挑戦される方にケガをしない体を作るストレッチ方法をご紹介致します。

大切なのはコンディショニング

マラソンに限らず競技スポーツのトレーニングで大切なのはケガをしない体作りをするコンディショニングです。
通常トレーニングと言うと、筋力をアップさせたり筋肉をつけて見た目を変える事をイメージしていまいますが、競技スポーツではケガをしない体作り=コンディショニングがまず重要です。
マラソンでタイムを縮めるためのトレーニングも大切ですが、まずはケガなく走り切れる体作りを目標にしましょう。

各関節に無理のない動きを身につける

代償
ハムストリングスや腰が硬いと、腰が持ち上がってしまいます。
マラソンのコンディショニングでは特に、脚や股関節周り、腰などに痛みを感じず走れる事をターゲットにします。
そのためにはまず各関節に付着する筋肉に柔軟性をつける事が重要です。筋肉に柔軟性がないと当然ですが関節は動きません。また疲労すると筋肉が柔軟性を失ってくるので、特に事前の柔軟性が重要になってきます。
そして柔軟性を失うと、他の筋肉で動きを補おうとする動作、代償運動(トリックモーション)が入ります。

代償運動は痛みだけでなく力のロスも生む

代償
上の状態を横から撮った写真です。ハムストリングス(腿裏)や腰、股関節周りが硬いことで脚を上げた時に腰が丸まってしまいます。
代償運動が入ると、本来関節を無理なく動かせるように使っている筋肉以外を使うので、見た目には動き=フォームが崩れてきます。
フォームが崩れれば力をロスしてしまい余計にタイムが上がらないだけでなく、必要以上に疲労してしまいます。
痛みだけでなくタイムアップのためにもストレッチで柔軟性を向上させて代償運動を起こさないようにする事が大切です。
マラソンでは特に下半身の関節に負担がかかるので、下半身の関節周りの筋肉をストレッチする方法を次のページで御紹介致します。


それでは次のページからマラソンのための下半身の柔軟性チェック&ストレッチ方法をご紹介いたします!