体を引き締めて女性からかっこよく見られたいと思った事はありませんか?とは言え、漠然と全身をトレーニングしていても見当違いの事になっているかもしれません。
今回は女性が男性体の、特にどの部位に惹かれるのかを考えて、その部位を引き締めるお勧めトレーニングをご紹介します。

スーツを着ていても目立つ部位

スタート
クランチは腹筋を鍛える代表的な種目です。
スーツを着ていても、目立ってしまう部位があります。一度、街中や会社で自分の周りのスーツを着ている人を見回してみてください。特に腹やお尻のたるみに目が行かないでしょうか。

スーツを着ているので、体型は目立たないと思いがちですが、結構体形がわかってしまうもの。女性もきっとこれらの部位からその人の体形を判断しているはずなので、次のページからご紹介するトレーニングでこれらの部位を重点的に強化すればあなたのイメージもグッと変わるはずです。

薄着になると目立つ部位

シングルカーフ・スタート
細いふくらはぎは目立つのでしっかりと鍛えましょう。
夏も近くなり、半袖や短いズボンを履く機会も増えると思います。半袖になると、腕の細さや胸板の厚み、短パンを履けばふくらはぎの筋肉が露骨にわかってしまいます。

薄着になればなるほど、体形は隠せないので、薄着を着こなすには全身の体作りが大切になります。

幸い季節はまだギリギリ春なので、今からでも今回ご紹介するトレーニング を始めれば、夏までに薄着が似合う体に間に合います。

脱いだらガッカリにならないために

男性が女性に対して、脱いだらがっかりと思ってしまう事があるとよく聞きますが、女性も男性に対してそれはあるはずです。

極端な話をすると、筋肉がなくても、お腹を凹ませてさえいれば多少脂肪がついていた方が服を着ていれば筋肉質な体形に見えます。腕や胸板にも脂肪がついて太く見えるからです。

ですが、脱いでしまうとお腹周りなどの脂肪は隠せず、ガッカリさせてしまうかもしれません。胸板や腕回りが自慢でもウエストは見せられないという方はこれに当てはまるかもしれないので、要注意。でも安心してください。このような脂肪がついていても筋肉質に見えるタイプは骨太な中胚葉型の体形と言って筋肉がつきやすい体質なのでウエイトトレーニングをしっかりすれば驚く程体形が変わるのが特徴です。

気になる部位がわかったら次のページからトレーニングを始めましょう!