寝起きの自分のニオイ、気になりませんか?

undefined「時間がない」と寝起きの汗をそのままにするのは、やってはいけないNG行動

 「時間がない」と寝起きの汗をそのままにするのは、やってはいけないNG行動

季節は夏真っ盛り。うだるような暑さに、毎日へきえきしている方も多いことでしょう。何もせず、ただじっとしているだけでも汗だくになってしまうこの季節。日中の暑さが気になるのはもちろんのこと、夜になっても気温が下がらないため、皆さん寝苦しさに悩まされているのではないでしょうか。

あまりの暑さに耐えかねて、目が覚めると汗でびっしょり、なんて日々が続いていませんか?汗をかくと、体や服が湿って気持ちが悪い上、ニオイも気になりますよね。

そこで今回は、一日をさわやかに過ごすための重要なポイントである、朝の汗対策についてご紹介したいと思います。

汗くさい!と言われないための、朝の徹底ケア

ボディケアに対する情報感度の高い皆さんならば、すでにご存じのことと思いますが、「汗くさい」という言葉はあるものの、実際のところ汗自体にニオイはありません。ニオイが発生するのは、汗の成分を皮膚上の細菌が分解するためです。

しかも、細菌は汗をかいて肌が湿った状態になると、乾いた状態のときより繁殖しやすくなります。すなわち、汗をかいた後、それをケアせずに放置しておくと、

細菌が繁殖する→汗が分解され、ニオイが発生しやすくなる→汗くさくなる

というわけです。

汗くささから少しでも逃れるためには、まずは朝に、寝起きの汗をしっかりケアしておくことが大切です。「時間がないから」といって寝起きの汗をそのままにして身支度をするなんてもってのほか。このケアを怠ると自分自身、一日をさわやかに過ごすこともできませんし、周囲に不快感を与えることにもなり、ビジネスマンとしてのマナーにも反してしまいます。

通勤電車の中で、あなたの横に立った人が急に顔をしかめて鼻を押さえた……なんて経験ありませんか?もし、「そんな光景を何度か目にしたことがある」という方がいたら、それは要注意のサイン。あなたから、汗のニオイが発せられているのかもしれません。

そうならないためにも、朝起きたら汗をシャワーで洗い流す、もしくは汗ふきシートなどでふき取ってから出かける、という習慣をきちんと身につけておく必要がありますよね。

寝起きの汗をさっぱり流せる、おすすめアイテム

ホワイトムスクundefinedフォーメンundefinedヘアー&ボディウォッシュ

ホワイトムスク フォーメン ヘアー&ボディウォッシュ

寝起きの汗はシャワーでさっぱりと洗い流したい、という方におすすめなのが、ザ・ボディショップの「ホワイトムスク フォーメン ヘアー&ボディウォッシュ」です。髪も体もこれ一本で洗うことのできる便利なアイテム。ハチミツがお肌や髪のうるおいを保ちながら、豊かな泡立ちで全身をやさしく洗い上げます。

また、特筆すべきはその香りです。ホワイトムスク フォーメンのセクシャルでさわやかな香りが洗い流した後も持続し、まるで香水いらず。自分だけでなく、周囲からも好感を得られるほのかな香りなので、「香りが強すぎて困る……」ということもありません。一度使い始めると、継続して使いたくなること間違いなしの、ガイドいちおしアイテムです。

汗くささの気になる、あのアイテムはこれで対策

マキシフレッシュ(R)プラスundefinedピローケース

マキシフレッシュ(R)プラス ピローケース

汗のニオイが気になるものといえば、「枕」を挙げる方が多いのではないでしょうか。睡眠中の汗がしみ込んでしまう上、加齢によるニオイの発生成分「ノネナール」が耳の後ろから発せられるので、枕はどうしてもニオイが発生してしまいがち。

そんなわけなので、こまめに取り替えはするものの、毎日……となると、なかなか難しいですよね。そんなときにおすすめなのが、「マキシフレッシュ(R)プラス ピローケース」です。加齢臭と汗のニオイを強力に消臭する特許素材「マキシフレッシュ(R)プラス」を使用したこのピローケースは、汗のニオイ成分であるアンモニアや酢酸、そして加齢臭の原因であるノネナールなど、気になる男性のニオイを80%以上カットしてくれます。

汗をよく吸って乾きやすいポリエステルと、肌ざわりのよいコットンを使用しているので寝心地も快適ですし、消臭機能は繰り返し洗濯しても持続するので安心です。寝苦しい夏の夜を少しでも快適に過ごすために、もってこいのアイテムといったところですね。

汗のニオイは、気をつけてケアしていけばそれなりに防げます。あまりに過敏になる必要はありませんが、最低限の気づかいをすることは大切です。きちんとケアをすれば、自分も周囲の人も快適に過ごすことができるはず。まだまだ暑さの続くこの季節を、少しでも快適に過ごせるよう、頑張って乗り切っていきましょう。

【関連記事】
・自分の臭いをセルフチェックする方法
・髪の日焼けは男の大敵


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。