意外に盲点、髪の日焼けは男の敵

頭上に降り注ぐ紫外線は、顔の2倍以上
頭上に降り注ぐ紫外線は、顔の2倍以上。髪にもUV対策が必要
日常の何気ない日焼けが、無防備な素肌に大きなダメージを与えていることは、もはや常識と言ったところ。ゆえに長時間外に出る時は、日焼け止めを塗ったり、UVケアの施されたシャツを着たり、それぞれに対策をされていることと思います。

しかし、顔やボディへの対策は万全かもしれませんが、髪や頭皮といった頭部へのUV対策は?と聞かれると、どうでしょう。実はこの髪や頭皮の日焼けは、意外な盲点。顔やボディにばかり気を取られていると、深刻なダメージを見過ごしてしまうことになりかねないのです。

紫外線が与える髪、頭皮への影響

そもそも日光は、頭上から降り注ぐもの。頭頂部が浴びる紫外線の量は、顔の2倍以上ともいわれています。では、実際に髪や頭皮に紫外線を浴び過ぎると、どんな影響があるのでしょうか。

まず髪の毛ですが、紫外線を浴び過ぎると、髪の表面を保護しているキューティクルがはがれ、内部が乾燥してしまいます。これは、枝毛や切れ毛といったダメージヘアの原因になります。ダメージを受けると髪の毛自体が弱くなってしまいますので、注意が必要ですね。また、紫外線は髪の内部にある色素、メラニンも破壊してしまうため、色が抜け落ちて赤茶けた色になり、老けた印象を与えてしまうことにもなります。頭皮への影響も、もちろん見逃せません。頭皮も、ボディと同じ皮膚ですから、紫外線を浴び過ぎると、水分や油分のバランスが乱れて乾燥する、といった、日焼けと同じダメージを受けます。しかも、前述のように顔の2倍以上の紫外線を浴びるわけですから、その度合いは推して量るべし、です。頭皮が荒れてしまうと、毛根を支える力が弱まったり、毛根部の細胞にも悪影響があったりします。

そうと聞けば、見過ごすことはできませんよね。とはいえ、髪や頭皮は、どのように紫外線の対策をすればよいのでしょう。