汗臭さへの周囲の警戒レベルが上昇中!

過信は禁物
あなたのニオイ対策ははたして万全と言いきれますか?
日増しに蒸し暑くなってきましたね。ちょっと動いただけでもじんわりと汗ばむようになりました。そこで注意したいのがこの時期の汗臭さ。オフィスはもちろん、エレベータや電車の中、ニオイに対する周囲の警戒レベルが上がっています。

いやいや自分は毎日シャワーを浴びて、フレグランスにまで気をつけてニオイ対策は怠ってないし大丈夫! と思っているあなた、本当にそれで完璧ですか? 男性はもともと女性よりも代謝が活発で汗っかき。脂の分泌量等も多いため、それらのニオイの元物質が汗と混ざることでより体臭が増大するので、これからの季節は特に注意が必要です。

自分の体のニオイチェックはマイナス思考で

自分ではなかなか気づきにくいもの
女性の方がニオイに敏感。自分では問題ないはずが、実はNGレベルかも
その対策法としては、ここで改めてセルフチェックをしてみることが重要です。汗をかいたなと思った時、または自宅に帰って着替える時などにシャツや下着に鼻を近づけてしっかりとニオイを嗅いでみましょう。特に、わきの下には汗腺が密集しているので念入りにチェック。このときのポイントは、まず疑ってかかること。なぜかと言うと、自分の鼻はニオイに慣れているので、甘いジャッジをしてしまいがちだからです。

ここで、ちょっとでも臭いなと感じたら要警戒。自分では気づいていないレベルでも、夏特有の高温多湿に後押しされて、周囲の人はあなたのニオイを感じていたかもしれません。

また、ニオイチェックをする際にはシャツや下着の脇部分の色の変化も確認すること。もしうっすらと黄色や黄緑色の色がついていたらワキガの可能性も。さらに40歳以上の場合は、自分でも気づかないうちに加齢によるオヤジ臭が発生してきているかもしれません。