たかがアンダーウェア、されどアンダーウェア

毎日身につけるアンダーウェア、皆さんはどうやって選んでいますか? 「他人に見せるわけでもないし、お得なもので充分」。そんな声が聞こえてきそうですが、肌に直接触れるものですし、できればその機能性にもこだわりたいところ。この冬ちょっとしたブームになった、保温性に優れたアンダーウェアのように、今はそれぞれに特長をもった製品が数多く発売されています。デキる男たるもの、シチュエーションによってアンダーウェアを使いこなし、いつでも最高のパフォーマンスを発揮したいですよね。

アンダーウェアでゴルフの飛距離が伸びる?

着る筋力
アンダーウェアで筋力UP。「たかがウェア」と侮れない
数ある機能性アンダーウェアの中でも、今回ガイドがおすすめしたいのは、ランニングやトレーニング時など、スポーツをする際に最適なもの。こうした機能性アンダーウェアには「着圧」といって、身につけた際、部位によって異なる圧力がかかるようになっています。このことにより関節や筋肉がスムーズに動かせるようになり、最適なパフォーマンスが発揮できるのです。

たとえば、ゴルフのスコアがいまいち伸び悩んでいる……というとき、機能性アンダーウェアを身につけることで体をより大きく動かせるようになり、スコアが伸びた、という例もあります。実はこれ、プロのスポーツ選手も行っている秘策。アンダーウェアひとつ変えるだけで記録が伸びるのであれば、我々が取り入れないのはもったいないですよね。

しかも、私達が体を動かすのは、なにもスポーツをするときだけではありません。仕事や日常生活でも、得意先を回るため一日に相当の距離を歩いたり、重い荷物を持ったりと、軽いスポーツに匹敵するくらい、日々体を動かしています。機能性アンダーウェアは、前述のように関節や筋肉の可動域を大きくしてくれるだけでなくサポートもしてくれますから、膝や腰にかかる負担が軽減され、普段よりラクに動けるということにもつながります。