パフォーマンスを向上させても、手頃なサイズ感はそのまま

ポルシェ911ターボ
0-100km/h加速はPDKモデルが3.6秒、MTモデルが3.7秒。さらにポーツクロノパッケージを備えるPDKモデルでは3.4秒まで短縮される。最高速は312km/h。試乗車はセンターロックシステムを採用するオプションの19インチRSスパイダーホイール(62万円)、セラミックディスクを備えるポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB 153.8万円)が備わっている

ポルシェ911ターボ
ポルシェ911ターボ
約120km/hで自動的に上昇、約60km/hまで減速すると格納されるリアスポイラーを装着。リアコンビランプにはLEDを採用する
最新のターボもまた、強烈なクルマであった。ノーマルシリーズに続き、いよいよPDKを手に入れたわけだが、パフォーマンスもさらに上がっているので、強烈という印象は深まりこそすれ後退することはない。乗り込んだ後の凝縮感は相変わらずで、それが蹴飛ばされたかのように加速するから、正に弾丸フィーリングである。

PDKのスムースさも素晴らしい。あまりにスムース過ぎて、むしろティプトロニックの段付きシフトアップの方が豪快だったかと思えるほど。実際、そういう評価を下す人も多いと思う。今なら中古も選び放題だろうから、ぜひ両方を試してみて好きな方を選んだ方がいい。それはターボに限らず、ノーマル911でも同じである。

高速域におけるスタビリティも良好だ。ただ、これはあくまでも気持ちの問題だけれど、PDKの方がエンジンとの密接感に乏しく、やや心もとなく感じる。トルコンモデルの方が、粘り気があって、ゆったり乗れたように思う。

それにしても乗るたびにいいと感心するのは、これほどのハイパフォーマンスを誇りながらも、まだこのサイズを保っていること。以前に比べればでかくなったとはいえ、現代レベルでは十分に小さい。そのサイズ感が、これほどの高性能マシンを日常のアシとして使いたいと思わせるのだった。

ポルシェ911ターボ
PDKのパドルシフトは片手でも操作できるようにステアリングスポークの左右に配され、前後でアップダウンを行う従来からのタイプに加え、オプション(7.4万円)でステアリング裏にパドルを配した通常のF1タイプ(右手でアップ、左手でダウン)が追加された
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。