V10を積むように設計されていたR8

アウディルマンクワトロ
'03年の東京モーターショーに登場した、ルマン24時間レースの3連覇を記念したスタディモデル、アウディルマンクワトロ

アウディルマンクワトロ
ルマンクワトロの運転席に座る('03年当時の)ガイド
思い起こせば'03年の東京モーターショーにコンセプトカー/アウディルマンクワトロがやってきたとき、その離日直前に某所で実際に触れる機会を得たものだった。そのクルマは、フルLEDヘッドランプなどいくつかの部分で非現実的だったけれども、結局、ほぼそのままのカタチで翌年、正式デビューを果たしている。

ご存知、アウディR8だ。ただし、生産モデルには、ルマンクワトロと大きく違う点があった。それは、エンジン。コンセプトカーのエンジンはV10であるとの説明があったが、生産モデルに積まれたのはV8。結果的にはV8でもそのスポーツカーパフォーマンスは十分高かったのだが、V10じゃないと聞いてがっかりしたスーパーカーファンも少なくなかった。

傘下のランボルギーニによる新型車ガヤルドが登場したのも'03年。こちらが先にV10を積んだ。R8に積むことも前提としていたはずだが、ブランドの位置づけの問題か、はたまた直噴化のスケジュールが間に合わなかったか。結果として、420psのV8を積む。

もちろん、リアルスポーツカーとしてV8の意義は大きい。ミッドに積むわけだから、バランスなどを考えるとそちらの方がいいという考え方もある。実際、V8でも性能的には十分だったし、猛りのなさが妙にアウディらしいスーパーカーという特徴さえ得た。けれども!スーパーカーとして受け入れるには、物足りないエンジンフィールであったことも事実。セダンと同じエンジンかい、と言われてしまえばおしまいだった。

アウディR8
525psを発生する5.2リッターV10エンジンを搭載したR8 5.2FSIクワトロ

さて。今回のV10搭載によって明らかになったのは、やはりR8はそもそもV10を積むように設計されていたということだ。そう、コンセプトカーどおりに。その証拠に、ボディ周りには一切、手を加えていないという。ただ、8気筒から10気筒へと積み替えた、のだ。もちろん補記類は変わっているが、基本、ランボルギーニガヤルドLP560-4由来の、525psデチューン版直噴V10がすっぽり収まっている。(まだ少し余裕もあった)

結果、R8 5.2FSIは、前期型ガヤルド(520ps)を上回るパフォーマンスをみせる。0→100km/h加速、なんと4秒切りの3.9秒。ガヤルドは、4秒だった。(ちなみにLP560-4は560psで3.7秒だから、ヒエラルキーは保たれた)

V10モデルについては次ページ