初心者からエキスパートまで受け入れる優れた資質

アウディA1

国内では今年1月に発表された、アウディのエントリーモデルとなる3ドアハッチバック。最高出力122psの1.4リッター直噴ターボに、デュアルクラッチトランスミッションの7速Sトロニックが組み合わせられた。サイズは全長3970×全幅1740×全高1440mm、価格は289万円

アウディA1

AピラーからCピラーまでつながるルーフアーチはボディ同色に加え、オプション(6万円)で全10色のエクステリアカラーに合わせた4色のコントラストカラーが設定される

モデルラインナップの拡大は、ブランドパワーの浸透と人気の上昇に比例するもの。アウディが正にその好例で、近年、モデル数が飛躍的に増えてきた。

と同時に、車名の整理整頓がこれから始まろうとしている。A1は、Aで始まるアウディラインナップの、文字通りスタート地点、新たな起点となるモデルだと言っていい。

とにかくキュートでファッショナブル。3ドアという点が、日本ではなかなか受け入れられ難いかもしれない。が、プレミアムブランドが出すコンパクトカーとしては異例にファッショナブルだろう。

アウディA1

ダッシュボード中央に配置された6.5インチTFTカラーモニターとHDDナビを備える、MMI(マルチメディアインターフェイス)を標準とした。スポーツパッケージには専用クロスを用いたスポーツシートを装備

ミニやフィアット500のようなレトロモダンではなく、全く新しい個性を創りあげた。スポーツカーのようなフォルムに、特徴的なアーチ、シンプルでスポーティなインテリア……。現在進行形で世の中とのシンクロニシティを大切にするモダンプレミアムブランドならでは、のデザイン手法だといえそうだ。

見た目のキュートとは裏腹に、走りの方はといえば俄然、スポーティである。硬めでフラット。国産車の一般的なふにゃ脚に慣れた人には、ちょっと手強いかも。最近の欧州車のなかでも硬い部類に属する。そういうわけだから、これが最初のクルマという人か、もう随分といろんなクルマを乗り継いだという経験豊富なドライバーに乗って欲しいと思う。

アウディA1

エネルギー回生システムやアウディ初のアイドリングストップ機構を備え、10・15モード燃費は19.4km/lを達成した

初心者からエキスパートまで、幅広く受け入れられることこそ、プレミアムブランドの起点となるクルマに求められる資質だろう。A1にはそれがある。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。