“モダンプジョー”スタイルが完成した308

プジョー308
大型エアインテークやV字形に膨らんだボンネットが特徴的なフロントマスク。全長4290mm×全幅1820mm×全高1515mm

307シリーズの後継となる欧州Cセグメントハッチバックモデル。最近の新型車の例に漏れず、307比で全長(+80mm)/全幅(+60mm)ともに大きくなってしまったが、全高は低く抑えられた(-15mm)。307が“背が高くてミニバンっぽく見えた”ことの反省だろうか。確かにここ数年はヨーロッパでもモノフォルム人気が高まった時期だったから、トールハッチバックの出現もアリだったのだろう。

ミニバンじゃあるまいし、むやみに頭上空間があっても仕方ないのだから、新型となって車高が抑えられたのには好感がもてる。それよりも、日本人にとって気になるのが1.8mを超える幅だ。走り出してしまえば、実はそれほど関係のない大きさだが、自宅の車庫など'80年代までに建てられたものだと、物理的に苦しい場合が多い。

日本仕様のグレードは今のところ3種類が用意されている。すべてBMWと共同開発(生産はプジョー)の1.6L直噴ターボエンジンを積むが、最上位の3ドアGTiにのみ高性能版の128Kw仕様として6MTを組み合わせた。その他の2グレード(プレミアムとシエロ)は5ドアボディの4AT仕様である。

プジョー308
リアデザインは幅広感を演出するデザイン。シエロとGTiにはリアディヒューザーパネルを装備

この308となって、モダンプジョー顔のスタイルが完成したと、私は思っている。プジョーの言うところのフェリーヌ(ネコ科動物)スタイルが、よく理解できるからだ。

大胆に、しかもさらに大きくなったV字型ノーズに凝ったデザインの大型ヘッドランプ、格子模様が格好いいフロントグリルの顔付きが、まずはネコ科の動物を思い出させる。そのままフロントフェンダーの膨らみやダイナミックにうねるウェストラインも、筋肉質なリアセクションを見れば、正にネコ科の動物だ。

インテリアについては次ページ