登場人物気分で夢のレースに飛び込む


フェラーリ365GT4BB
レースにはこの黄色いフェラーリ365GT4BB(ベルリネッタボクサー)で参加

午後。いよいよ夢のレースがスタートする。皆、レーシングウェアに着替え、気分は漫画の中の登場人物だ。主人公風吹裕矢はもちろん池沢先生で、漫画と同じナンバー740の白いロータスヨーロッパを駆る。もちろん撃墜“星”マークの入った赤いライン入りのマシンだ。漫画そのものも、彼の経験や友人の存在が元となっているという。

早瀬左近のカレラRS、沖田のディーノ、ハマの黒豹のカウンタック、飛鳥ミノルのミウラ、フェラーリの女豹の308、北海の龍のストラトス、魅死魔国友のZ……。残念ながら我がBBにはそれらしき配役がなかった。とほ。

フェラーリBBとグリッドキッド
抽選で選ばれた子供たちがグリッドキッド。レースは池沢先生演出の、サーキットの狼を再現したデモンストレーションレース

抽選で選ばれた子供たちがグリッドキッドを務めた。あの当時の私がこんなイベントに出れていたならば、おそらく発狂寸前だったことだろう!!

フェラーリBBとガイド
レース前、愛車フェラーリに乗り込んだガイド
記念撮影が終わると、全車揃って2周のウォーミングラップだ。風吹のヨーロッパを先頭に27台が筑波サーキットをパレードする。観衆の声援が届く。みんな、好きなのだ。

グリッドに整列。シグナル赤が順に消えて、いざスタート!漫画と同じ、夢のような世界に、私は飛び込んでいった。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。