ガーミンが4.3インチワイドモニターにサイズアップ

最後に、世界で最も売れているポータブルナビ、ガーミンの最新PND。ガーミンは先月、既存モデルのnuvi250をバージョンアップしたnuvi250Plusを発売したばかりだが、それとは別に新設計のモデルをラインアップに加えた。nuvi900nuvi205Wだ。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/5/5/08.jpg
ワンセグチューナー内蔵のnuvi900は5万9800円。
ガーミンのnuviシリーズは、日本国内だけではなく海外でも使えるよう世界中のマップソースが充実していることと、携帯性に優れたコンパクトボディが魅力だが、新しいnuvi900とnuvi205Wはディスプレイを、携帯性を損なわないぎりぎりのサイズの4.3インチワイドに大型化。またnuvi900は、録画も可能なワンセグチューナーを内蔵し、ライバルとの機能差を解消した。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/5/5/09.jpg
こちらはワンセグ無しのnuvi205W。4万9800円
両モデルともメモリーは4GB。これまでのnuvi250より容量が倍増したことで、3D表示やジャンクションビュー、道路案内標識、レーン情報、ハイウェイモードなどを採用。国産のメモリーナビに匹敵するほど、案内機能が充実した。検索機能も地番までピンポイントで検索できる約3300万件の住所検索、800万件の電話番号検索などを搭載している。

ジオタグに対応。海外マップソースも利用できる

写真データに位置情報を関連づけることができるジオタグと、グーグルの写真共有サイトPanoramioに対応。ジオタグ付きの写真を元に、写真の場所へのナビゲートも可能になる。もちろん、ガーミンが提供している別売りの海外マップソースも使用可能。Panoramioを見て行きたいと思った世界中の場所へ、海外マップソースを活用して旅するということも可能なのだ。

nuvi900だけの機能は、ワンセグチューナーのほかに、回避エリア、迂回路詳細設定ができたり、MP3の圧縮音源を再生できたり、信号入力で自動的に切り替わるバックカメラに対応するなどほかにもある。このへんの機能が不要ならnuvi205Wで、ワンセグをはじめとした多機能機がいいならnuvi900。いずれにせよ、海外でも使用可能なPNDは今のところガーミンだけ。世界中をドライブしたい人に勧めたいPNDだ。

【関連リンク】
・アルパイン
・イクリプス
・ケンウッド カーエレクトロニクス
・いいよねっと(ガーミン)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。