ショップ施工はけっして高くない!

ここまでの作業で使用した制振&吸音材の材料費にスピーカーやインナーバッフルの費用を加えて計算してみると、約85,000円かかっている。つまり作業の人件費はたったの15,000円。作業時間と作業内容、注ぎ込んだノウハウを考えると、破格の安さだと思う。ちなみに僕が「20,000円出すから、スピーカーを取り付けて」と仲のいい友人に頼まれたとしても「ごめんなさい」と断ると思う。それだけ、知識と経験が物をいう作業だ。最近、ショップでの施工が高いからと、自分で取り付ける人が増えていると聞くが、この10万円プランに限っては、けっして高くないことがお分かりいただけると思う。

12.jpg
ハンドメイドできれいに取り付ける強者もいるが・・・
もちろん、自分で取り付けるのを否定するものではない。そもそもクルマいじりやオーディオ制作が趣味で、なんでも自分でやってみたいという人は大いに結構。いろいろといじって結果が出れば楽しいし、独自のアイディアのもとでいい音に変わっていくのを楽しむのは微笑ましいことだ。

自作のノウハウが無いならショップ施工が安心だ

しかし、なんのノウハウも持たないまま「ショップは工賃が高い、敷居が高い」という理由で、カーオーディオを自作してみようと考えている人がいるとしたら、素直にショップに頼んだほうがいいとアドバイスしたい。まず工具を揃えるだけでもけっこうな出費だし、1回でうまくいくわけがないので、何度もやり直すことになったら、材料費だけでもバカにならない。けっきょく、最初からショップに頼んだほうが安上がりなのだ。

そして、同じ機器を使っていても、ショップ取り付けとノウハウを持たない自作では出てくる音がまったく違う。このスイフトの音は「音が変わった」という生やさしいものではなく「音が化けた」という印象。もちろん、もともとデッキをカロッツェリアDEH-P930に替えていて、内蔵アンプでマルチアンプシステムが組めたという有利さもあるのだが、DEH-P930のクオリティに見合うスピーカーと取り付けのおかげで、両方のポテンシャルを存分なく発揮できた感じだ。

いいショップを見つけることが、いい音の近道

13.jpg
クァンタム代表・土屋氏。数多くのクルマを施工しノウハウを蓄積しているからこそ素晴らしい音創りができる
残念ながら、ショップもレベルが様々で、専門店ならすべてオススメできるというわけではないのがもどかしいところ。このあたりは、ご自身で判断して信頼できるショップを見つけてもらうしかないのだが、少なくともサウンドステーションであれば、ここで紹介した施工が受けられる。また、インデックスで紹介しているショップも信頼できるお店を厳選しているつもりなので、マイカーの純正オーディオの音に不満を感じている人は、お近くのお店に気軽に足を運んで欲しい。

【関連リンク】
・サウンドステーション・グループ
・クァンタム
・アルファ(フォーカル)
・イース・コーポレーション(レアルシルト)
・オーディオテクニカ
・腕に自慢の専門店をピックアップ