表面積はCDジャケット2枚分より小さい!


名古屋オートトレンドで見かけた注目アンプが、アークオーディオのKS-125.2miniだ。型番にも「mini」と名付けただけあって、このアンプ、幅209.5ミリ、奥行き124ミリ、高さ44.5ミリと、とにかく小さい。

04.jpg
小さな高級機=アークオーディオKS125.2mini(69,300円)
コンパクトなアンプだから、最近多いD級アンプと思いきや、さにあらず。耳慣れないクラスGという方式とのことだ。これはD級のように信号をスイッチングによってパルスに変換して増幅する方式ではなく、A級やAB級のようにリニアなアナログ信号で増幅する方式だという。

ただし、入力信号のレベルに応じてパワートランジスタに供給する電圧を切り替えるのがAB級と異なる部分。これで効率を改善し発熱も減らしている。つまりAB級並みの滑らかな音質とD級に近い省電力を両立する方式なのだ。その省電力のおかげで、ボディをコンパクトにできたというわけだ。

コンパクトながら低域も力強い!


コンパクトなアンプというと、低域の力強さが物足りないというイメージを持つ人が多いと思う。実際、AB級の小型アンプの中には低域の押しが弱いアンプも多々ある。ところがKS-125.2miniは、コンパクトサイズにも関わらず、低域の押しが並の大型アンプよりも強い感じ。アルマプロのような大パワーを受け止める設計のサブウーファーは、並のアンプではしっかりと芯のある低音が出にくいが、KS-125.2miniで鳴らしてみたところ、力強く鳴ってくれたのだ。

試聴時にちょうど10万円クラスのアンプが傍らにあったので、それと聞き比べてみたが、低域の押しの強さはKS-125.2miniのほうが上。低域の制動力を図る目安としてダンピングファクターというスペックがあるが、この数値が800以上だというから、それも納得だ。この数値が大きければ制動力が高いのだが、一般的なアンプは200もあれば十分とされているのだ。

小さな高級機にふさわしい立体感ある音場を再現


中高域がどうかというと、全体的にやや華やかになる傾向があるものの、質感はいい。また空間再現力が素晴らしく、広がりと奥行きのある立体的な音場を再現する。音色はややソリッド傾向。音の立ち上がりも良く、アークオーディオらしく音楽をノリ良く楽しめる感じの音だ。

このサイズなら設置場所に困らないから「いい音で音楽を聴きたいが荷室が狭くなったり、クルマが重くなるのはイヤ」なスポーティカーのオーナーにもぴったり。ハイレベルインプットに対応しているから、純正デッキを使ったままスピーカー出力をこのアンプに入力し、グレードアップしたスピーカーを駆動するといったシステムでも、低域制動力が向上するため、十分に音が良くなった感を体感できるはずだ。

次ページはアルパインの最新DDリニアスピーカー