昨今の純正オーディオ事情

かつては純正オーディオを取り外して市販機器に交換する作業は、比較的簡単にできたのだが、最近のクルマは市販カーオーディオへの交換が難しくなっている。

というのも、最近のクルマは、高級車を中心にカーエレクトロニクスが複雑化しているからだ。純正ナビのモニターは地図を表示するだけではなく、エアコンなどのコントローラーとも連動しているし、高級車になるほど電子制御が複雑化し、純正ナビ&オーディオを外すと、動かなくなるクルマさえある。

また、それほど電脳化されていないクルマでも、インテリアのデザイン性を重視して、本来の1DINサイズ、2DINサイズという規格から外れた専用サイズの純正オーディオが装着されているケースもある。

それでも、プロショップに依頼すると、オーディオ交換やナビ交換にも応じてくれるのだが、作業が大がかりになるため、取り付け工賃が跳ね上がってしまう。これでは、純正オーディオの音に不満があっても、おいそれと市販モデルに交換するというわけにはいかない。

そんな不満を解決するアイテムが、アルパインのヴィークル・ハブ・プロ、VPA-B222(52,290円)。それほどコストをかけずに、純正システムと市販機器を連動させ、メディア追加とサウンドクオリティの向上が可能な、画期的なアイテムなのだ。

純正システムにメディアを追加できる

02.jpg
ヴィークル・ハブ・プロを使えば純正システムを活かしたまま、iPodを始めとしたメディアの追加と音のクオリティアップができる
ヴィークル・ハブ・プロ、VPA-B222は、ひとことでいえば最大出力50W×4のパワーアンプを内蔵したチューナーヘッドユニットということになる。ヘッドユニットといっても、ダッシュボードに装着するタイプのものではなく、シートの下やカーペットの下などに隠して装着できる幅275ミリ、奥行き170ミリ、高さ40ミリのブラックボックス(といっても黒くはない、表に出さず隠して装着できるボックスという意味)と、小型のリモートコマンダーの2ピースで構成される。


01.jpg
ニッサン・ムラーノへの接続例。映像入力切り替えユニットは別売りで車種別に用意される
で、どのように使うかというと、接続法は右図の通り。まず、純正オーディオの音声信号をVPA-B222へ入力し、別売りの映像入力切り替えユニットを介してVPA-B222から出力される映像信号を純正ナビへと送り込めば、基本的な接続は完了。あとは、iPodや地上デジタルチューナー、DVDプレーヤー、HDDナビ、バックカメラなど、見聞きしたいメディアのプレーヤーや、欲しい機能をVPA-B222に追加してやればいい。これで、ナビもオーディオも純正のままで、システムアップが可能なのだ。

次ページは、デモカーのZ4を紹介。