ルーツは軍用車

LUXURY CAR ハマーH2。光っているのがヘッドランプのロービーム。普通のクルマのヘッドランプにあたる位置に付いているのがハイビームだ。 撮影:松本明彦

都内でも最近ハマーH2を見かける機会が増えている。H2のおかげで某セレブ御用達駐車場出庫時には、手を振って走って追いかけてくる人まで出た始末。聞けばあの人やこの人、芸能人にもオーナーが多くいるそうだ。

LA LUXURY CAR、通称LUXURY(ラグジー)と言われるスタイルがある。アメリカLAのNBAのスタープレイヤー、HIPHOPミュージシャン、ハリウッドスター達セレブがメルセデス、BMW、ロールス、キャデラック、ハマーなどの高級車に、大口径のクロームホイールを履きハイパワーオーディオやマルチモニタでドレスアップするのだ。HIPHOPミュージシャンのプロモーションビデオでも、そんなLUXURY CARがよく登場する。H2の人気の一因は、そんなところからも来ているのだろう。

威風堂々としたスタイルは、都会の夜景がよく似合う。 撮影:松本明彦

元々1970年代、米陸軍がジープに代わる多目的車両を開発するにあたり、多数の企業がそのコンペに参加し、当時のAmerican Motors Companyの子会社であったAMジェネラル社のHMMWV(High-Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle)通称ハンビーが選ばれた。水深1mの走破性や対戦車ミサイルを載せ装備できること、地雷を踏んでもひっくり返らないトレッドと全高比、ヘリで運搬する時にジープ8台分のスペースに4台積める積載性などが評価された。

そのユニークなスタイルと究極の機能、走破性は市場化の要望も強く、1992年一般向けモデルハマーH1が誕生する。このH1の走行性能とデザインアイデンティティーを受け継ぎながら、快適性を盛り込み2000年デトロイトショーで発表。そして2002年に正式に発売されたのがハマーH2。機能によって決められた形は潔く美しい(いわゆる機能美)が、ミリタリー・ルックにも通じる美しさを持っていることも人気の秘密だろう。

NBAのスタープレイヤー、HIPHOPミュージシャン、ハリウッドスター達セレブ御用達のクルマがハマーH2だ。 撮影:松本明彦