不況やエコカーブームの裏で、安くなっている!

BMW5シリーズ フロント
2007年のマイナーチェンジで、エクステリアはより親しみやすさと、ワイド感を強調。525iもアクティブヘッドライトが採用されています
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はBMWの5シリーズ(現行)を取り上げます。不況が長引き、世界中でエコが叫ばれ、トヨタプリウスが1カ月で18万台も売れる中、俄然おいしくなっているのがこの手のハイクラスミドルセダンです。何しろ、原稿執筆時で見つけた525iハイラインパッケージは2008年式・修復歴なし・走行距離わずか0.2万kmで、398万円。新車時価格が664.5万円ですから、266.5万円も安くなっているのです。軽自動車が新車で2台買えてしまうほどの、下落価格。

もちろん、これ一台だけではありません。BMWの正規ディーラーが上記と同じグレード車の2008年式・修復歴なし・走行0.6万kmを、468万円で販売しています。これでも、ざっと200万円安です。新車時価格よりざっと150万円安となる500万円以内、2008年式・走行距離1万km以内で探すと、21台も見つかるのです。

不況&エコブームのあおりを一番受けたのが、高級車。中でもセダンは、これを見る限り深刻な販売不振がうかがえます。しかし逆にいえば、今こそ憧れの車を安く手に入れるチャンス。100年に一度の不況は、一生に一度のお買い得セール期間なのです。

BMW5シリーズ リア
マイナーチェンジでリアエンドに水平のラインが多用され、力強さをアピール。ヘッドライト同様、テールライトにはクリアレンズが採用され、LEDのターンライトが備わりました
「じゃあ、他の年式でもっともっと安いやつを…」と思う人もいるはず。しかし、なのです。例えば現行5シリーズで現在100万円を切る中古車はありません。もっとも安いのは2004年式545i・修復歴なし・9.2万kmで198万円。走行距離さえ気にしなければ、これはこれでアリだと思いますが(新車時価格880万円の、V8・4.5L車ですからね)、実は私、1年前から5シリーズが「もうすぐ100万円を切るのでは…」とウォッチしていたのですが、未だに切りません。

そもそも新車が売れないため、中古車になる車が入ってきません。また、中古車自体も売れていません。そのため市場に動きがなく、停滞したままなのです。

そんな市場に新たに投入されることになる高年式車は、販売店としては売らなければ商売にならない、と考えるでしょう。より安く仕入れて、より安く売らないと…と、このような「おいしい」中古車が出てくるのだと思われます。

1年落ちで走行1万km以内で新車より150万円も安いなんて、景気の回復を待って転売する方法もあるでしょうが、とはいえ500万円。どうせなら、じっくりと付き合う一台を選びたいもの。今回のケースでは、年式や走行距離はこの条件に合っています。あとは中身が問題。

というわけで、BMW5シリーズの魅力を次ページでさらに見ていきましょう。