えっ、1年半落ちで新車の半額!?

免許を取って以来、9台のクルマを乗り継ぎました。カーセンサー編集部には僕と同い年くらいなのに40台以上のクルマ遍歴を誇る猛者が複数いたりしますが、9台というのもまあ世間的には多いほうでしょう(そのうち三菱とシトロエンで7台、というあたりは問題!?)。

9台のうち中古車は7台。正直に告白すれば当たりもあればハズレのクルマもありました。ガイド交代後の第1回目はカーセンサー馬弓の中古車選びの成功と失敗を通じて、みなさんに貴重な(?)教訓を学び取っていただければと思っております。

中古車選び 一番の成功例

97年型シトロエンエグザンティアブレーク。この車種を半額で手に入れたのにはワケがあります
97年型シトロエンエグザンティアブレーク。この車種を半額で手に入れたのにはワケがあります
今まで買った中古車で一番の成功は4ヶ月前まで乗っていた97年型シトロエンエグザンティアブレーク。99年に1.1万キロの個体を180万円で購入、いたく気に入り6年で9万キロ乗ってしまいました。エグザンティアがいかにいいクルマだったかを書き始めると止まらないし、本稿の趣旨とは外れてしまうので今回はやめます。

さて、この車種が成功だったと思う最大の理由は高年式低走行なのに新車(360万円)の半額だったことです。なぜそんなに安かったのか?人気の高いメルセデスベンツや一部のスポーツカー、流行のSUVは例外ですが、シトロエンに限らず多くの輸入車は新車から1~2年でけっこう値落ちします。不人気ではなく普通くらいの人気のクルマですら、試乗車上がりの3000キロくらいの物件でも諸費用も含めれば2割近くお買い得な値付けがされていることもあります。

ところが3年目以降、多くの場合値落ち幅は緩やかに。流通量は少ないし絶対額もしますが、程度のいい中古車を割安に手に入れるなら新車から2年以内の物件はねらい目です。

お店や色は割り切り次第で

さらに私が購入したエグザンティアは、ディーラーではなく小さな専業店が売り出していた物件でした。ディーラーだと保証や安心感と引き換えに1~2割高めな値付けです。輸入車、それもイタリア・フランス系の車種となれば故障が心配な方も多いと思いますが、僕の場合、95年型エグザンティアが4年で6万キロを何事もなく走りきっていたこと、物件が1.1万キロしか走っていなかったことなどから、あまり心配はしていませんでした。

1~2年落ちなら新車保証(当時のシトロエンは2年、現在は多くの輸入車が3年)も継続している場合が多いですしね。実際エグザンティアは6年間大きな故障もなく、現在も次のオーナーのもとで元気に走っています。

ちなみにボディカラーが「ルージュエルメス」というステキな名前にもかかわらず、新車時は不人気だったソリッドの赤ということも安かった理由。色に関しては好みがあるので安いからということだけで選ぶ人は少ないと思いますが、一般的なモデルの場合赤やグリーン、水色などは割安感があります。

ただマニアックなクルマだと事情は若干異なってきます。エグザンティアも新車時はシルバーと濃紺あたりが人気でしたが、エンスー的人気が出て以降は希少な白や赤のほうが値は高く、その意味でもお得でした。まあエンスー人気が盛り上がるのはたいてい登場後10年くらいしてからなので、それまで乗ったからお得だったわけですが。

成功の鍵

一般的なモデルの場合、赤・グリーン・水色は割安感がある
一般的なモデルの場合、赤・グリーン・水色は割安感がある
安かったこと以外にもこのクルマには「成功のカギ」がありました。前期型最終なので装備や走りが熟成されていたのです(厳密に言うと前期型エグザンティアブレークは98年まで存在しますが中身はほとんど一緒)。ダブルエアバック、サンルーフといった後付できない装備が97年型には付いていました。

ちなみに僕がこのクルマを買う直前の98年末に、エグザンティアにはエンジンもオートマも刷新された後期型が登場しました。評論家のみなさんの評価は後期型が高いのですが、個人的にはギクシャクする新オートマとカラーバンパーが気に食わなかったので、半額で手に入る前期型で満足でした。これは他の車種でも同様のことがいえると思います。

中古車選び成功のモト

エグザンティアは最もうまくいった例といえども、中古車選びの成功には、以下のようなことが言えると思います。
  • 新車から2年以内の車種
  • 店や色は、ある程度見切ってしまう
  • 型式によっての人気・不人気を見極める
次ページは失敗編。カーセンサー編集長としての恥をしのんで書くことにします。

>>あの失敗は繰り返すまじ!>>