積極的に勧めたくなるほど魅力的なクルマでもありません

ダイハツのクーはトヨタbBのダイハツ版です。bBがえげつない感じのデザインを採用するのに比べると、こちらはまあ落ち着いた雰囲気。男性ユーザー向けのbBに対して主婦層あたりをターゲットにしたクーという違いが形に表れたものといえます。

写真はオプションの用品装着車ですが、これでもbBとは相当に違う印象です。外観だけでなく装備や仕様にも違いがあり、アイドリング助長するまったりシートなどはクーには設定されていません。この点ではまあ普通のクルマになりました。

最近はトヨタとダイハツのコラボの中で、全く同じクルマでエンブレムだけの違いというパッソ/ブーンやラッシュ/ビーゴが作られてきましたが、今回のクーはbBとの違いを明確なものにしています。これくらいにすればダイハツのディーラーでも気合を入れて売る気になれるのではないでしょうか。上級グレードのCXリミテッドでは装備の充実度が高くなりますが、価格もそれなりにといった感じです。

走りのフィールなどもクーのほうがやや乗り心地を重視した仕様とされているようですが、決定的な違いというほどではありません。同時に乗り比べないと違いも分からないというのが実感です。
環境性能は4つ★を獲得するなどまずまずで、全体としてはまあ平均レベルのクルマかなという印象。特に悪い部分があるクルマではありませんが、かといって積極的に勧めたくなるほど魅力的なクルマでもありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。