ジャガーXタイプエステートはジャガーにとって初めてのステーションワゴンです。ジャガーというとフォーマルなイメージが強く、ステーションワゴンやSUVなどアクティブなモデルの設定がありませんでしたが、今回、エントリーモデルのXタイプにエステートが設定されたことで、ジャガーのユーザー層を広げるのではないかと期待されています。

外観デザインはXJとも共通するジャガーらしいもので、インテリア回りの雰囲気も本革シートや木目パネルなどによって高い品質感が表現され、ATレバーのJゲートなどと合わせてジャガーらしさがいっぱいに表現されています。搭載エンジンは2Lと2.5Lの2機種で、2LがFFで、2.5LがAWDというのはセダンと同じです。

実際に走らせた印象は、2Lはちょっとトルクる細さを感じさせる部分があり、両方を乗り比べると2.5Lのほうが好印象。価格も2LがFFで490万円なのに対し、2.5LはAWDで545万円ですから、排気量の違いと駆動方式の違いによって2.5Lのほうに買い得感があると思います。装備は両方とも基本的に共通で、本革シートなどの充実した仕様が用意されています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。