スマートブラバス仕様(217万円)

今回はいろいろなモデルが用意されていました。スマートシリーズがマイナーチェンジを受け、スマートKはそのままですが、スマートクーペとカブリオレは搭載エンジンが700ccに排気量アップされました。さらにクーペとカブリオレにはブラバス仕様が追加され、こちらは外観や内装のドレスアップだけでなく、エンジンや足回りのチューニングも行われています。ですから、たくさんの仕様に乗らないといけないのが今日の試乗でした。

スマートクーペ(143万円)
でまあ、スマートですが、これがかなり良くなっています。従来のモデルではエンジンの排気量が600ccでしたが、それが700ccになることによってパワーやトルクに余裕が生まれ、走りのスムーズさが増しています。私は日本仕様の輸入が始まる前に並行輸入されたスマートに乗っていた時代がありますが、それに比べると数段良くなっています。特に6速MTのトランスミッションと足回り関係は、日本仕様が入る段階でかなり良くり、さらにその後のマイナーチェンジで足回りの改良が加えられていましたが、今回はエンジンも改良されたことでますます良くなりました。もちろんボディサイズや拡大されたとはいえ700ccという排気量ですから限界はありますが、どんどん良くなっているのは間違いありません。

さらに好感が持てたのがブラバス仕様です。ブラバスではエンジンや足回りがチューニングを受けていて、ほんの数十mも走れば並のスマートとは違うモデルであることが分かります。エンジンはさらにトルクフルになって扱いやすく、また足回りも硬めの味付けなのですが乗り心地もそんなに悪くないという印象です。

新しいスマートシリーズの価格はスマートKが2万円高の133万円。スマートクーペとカブリオレは6万円高の143万円と176万円。そしてブラバス仕様はエンジンと足回りのチューニングに加えて外観や内装も大きく変更されているため、ベースのクーペとカブリオレに対して74万円高の217万円と250万円です。クーペはほとんど1.5倍の価格になってしまうワケですが、クルマの中身を考えると納得できないこともありません。むしろメルセデス・ベンツのブラバス仕様を買うことをなどを考えたら、はるかに買い得なクルマということができるでしょう。とはいえ、軽自動車と変わらないサイズの2人乗りのクルマで200万円超というのはちょっと厳しいかなという気もします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。