●オプションはカーナビをどうするか

Cパッケージを基本に、どんなオプションを装着したら良いかを考えてみましょう。最初はカーナビ/オーディオですが、基本がラジオレス+4スピーカーの設定なので、いずれにしてもカーナビ+オーディオか、あるいはオーディオだけを装着せざるを得ません。

メーカーオプションとして純正で用意されるG-BOOK対応DVDボイスナビ+CD+カセット一体AM/FMラジオは、6スピーカーになってテレビも受信することができ、29.5万円。約30万円はちょっと痛いという人は、カーナビなしのCD+カセット一体AM/FMラジオを選択すれば5.1万円ですみます。カーナビの信用頻度に合わせてどちらにするかを決めればいいでしょう。純正のDVDカーナビには音声ガイダンス機能付きバックガイドモニターも含まれているので、この機能が欲しい人にも純正カーナビはお勧めのオプションとなります。

アルミホイールは14インチ仕様が5万円の差額で、15インチ仕様にすると6万円の差額になります。買い得感は15インチ仕様のほうですが、15インチのタイヤを選択すると最小回転半径がバカバカしいくらいに大きくなるなどデメリットのほうが大きすぎるのでこのタイヤを選んではいけません。設定するのが間違いと言ってもいいでしょう。普通に乗るならあえて15インチを選ぶことはありませんし、そもそもアルミホイールを装着しなくても良いくらいです。

和服を着た年配の女性が乗り降りするのに便利な助手席フレンドリーシート(回転シート)は、家族に体の不自由な人がいる家庭などにとっても便利なもの。6.5万円で装着できるので、必要な人はぜひとも装着したいものです。キーを携帯するだけで簡単にドアの開錠が可能なスマートキーは、Gパッケージには標準ですがCパッケージでは2.5万円のオプション。これも装着したいオプションのひとつでしょう。

Cパッケージでは、前述のVSC&TRCのほか、ディスチャージヘッドランプ、LEDストップランプ&LEDハイマウントストップランプ、それにイモビライザーをオプション装着することができません。ランプ回りのオプションはともかく、VSC&TRCやイモビライザーは装着可能なオプションにして欲しいところです。

これまでに見てきたように、ラウムのCパッケージにカーナビを始めとして欲しいオプションをいろいろ装着すると、車両価格はざっと200万円になります。カーナビを選択しなければ20万円以上安く上がりますが、カーナビ付きで200万円はまあギリギリ納得の範囲といえるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。