トヨタから新しい小型ハッチバック車のistが発売された。ヴィッツ系のプラットホームを採用したモデルでボリューム感のあるハッチバックデザインが特徴。どちらかといえば女性ユーザーを意識したモデルである割には男性的なデザインで、あえて女性にこびないデザインにしたのだそうだ。

さて、istのお勧めグレードだが、グレード構成は大きく分けるとふたつ。ベーシックなFとややスポーティなSがそれで、FF車ではFは1300cc、Sは1500ccに設定され、4WD車では1500cc車にFとSの両方が設定されている。FをベースにしてSにはリヤディスクブレーキ、マフラーカッター、ディスチャージヘッドランプなどのスポーティさを強調する装備が追加される。1500ccのFF車で見ると、これらの装備の違いによるグレード間の価格差は13万円で、装備の違い分の価格差はしっかり確保されている印象だ。

Fには装備の中身を変更したEエディションとLエディションというふたつのエディションが設定されている。Eエディションはワイヤレスドアロックが装着されないほか、ラジオレスの仕様とするなど装備を簡略化したタイプで、選べるメーカーオプションも大幅に制限される。オーディオは好みの仕様を後付けで装着するにしても、ワイヤレスドアロックが装備されないのは使い勝手に大きく影響するので、これは一般のユーザーにとってはちょっと選びにくいグレードである。

逆にLエディションは快適装備を充実させたグレードで、FのほかSにも設定される。FとSのベース装備に対して、電動リモコンミラーが格納式になり、シートアンダートレー、シートバックポケット、エアコンのオート機能、6スピーカーオーディオなどが追加で装備される。Lエディションを選べば特にオプションを追加しなくても十分に満足して乗れる仕様になる。

都市部での使用を考えると、電動格納式ドアミラーの使い勝手は大きなポイントになる。1台のスペースが小さい立体駐車場に入れるにはなくてはならない装備が電動格納式ドアミラーなのだ。これが選択できるのはLエディションだけで、FとSの標準仕様ではオプションで装着することもできない。

istのFF車を選んだ場合、1300ccにするか1500ccにするかという選択がある。FF車では1300ccがF、1500ccがSというのが基本だから、グレード解説のところで述べたような装備の違いがある。その分の価格は4WDの1500cc車同士で比較すると13万円であることが分かる。これを排気量の異なるFF車に当てはめて考えると、1300ccと1500ccの排気量の違いによる価格差は4万円になる。

1300Fと1500Sとでは、ディスチャージヘッドランプなどの装備の違いによる価格差分が大きいのだが、17万円からの価格差があると1500cc車を積極的に選ぶ意味合いは薄れる。1300cc車をお勧めグレードにするのが当然だろう。1300Fの標準なら、本体価格は125万円。これは最近のヒットモデルであるフィットのWよりも1万円だけ安い。

1300Fの標準とLエディションの価格差はわずか5万円。先に紹介した装備の違い分が5万円で手に入る。この価格差が割安かどうかはともかく、わずか5万円の差額でLエディションが選べるなら、Lエディションを選ぶユーザーが大半を占めるのではないか。総額で150万円を超える買い物をするとき、5万円の価格差はほとんど気にならないからだ。快適装備の面で不満のないLエディションを選べば、満足して長く乗ることができる。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。