例えばカーブを曲がり切れずにガケに転落、赤信号待ちのほかの車に追突……こんな大きな事故はもちろん、わき見運転でガードレールや電柱に接触といった小さな事故でも車に乗っている人がケガをした場合に補償を受けられます。

相手のあるなしに関わらず
過失100%の時に使える保険

ドライバーのうっかりミスによって起こしてしまった自損事故。その際、搭乗者全員のケガをカバーしてくれる自損事故保険。任意保険の対人賠償保険に自動付帯されています。

ドライバーのうっかりミスによって起こしてしまった自損事故。その際、搭乗者全員のケガをカバーしてくれる自損事故保険。任意保険の対人賠償保険に自動付帯されています

交通事故は必ずしも相手がいるとは限りません。事故原因で意外なほど多いのがドライバーの過失による単独事故。単独事故といえば「スピードの出し過ぎでカーブを曲がり切れず追突」「わき見運転で建物に衝突」といった一人で起こしてしまった事故が真っ先に思い浮かびます。これらはドライバーの過失100%となり、自損事故保険の補償範囲となります。

またぶつかった相手がいる場合でも「センターラインをオーバーして対向車と衝突」「赤信号で停車中の車に追突」といった場合なら、これもドライバーの過失100%。相手の自賠責保険や対人賠償保険で補償を受けられないので、自損事故保険で補償を受けることになります。


 

自分が加入しているのに
知られていない自損事故保険

この自損事故保険は対人賠償保険に加入すれば自動付帯される保険です。事故の際には搭乗者傷害保険と別に支払われます。保険金額は以下の通りです。
■死亡時1500万円
■後遺障害保険金50万円~2000万円
■介護費用保険金 200万円~350万円
■医療保険金として
入院1日6000円
通院1日4000円
(保険金額は保険会社により異なる)
このようにしっかりした補償がある保険ですが、ご自分の加入を知らない契約者が多いようです。事故を起こした際、「自分に過失があるから保険は使えないな」と判断せずに、まずは保険会社の担当者に聞いてみましょう。