まずはこの250GTと300GTのどちらを選ぶかがポイントになるが、価格差が大きいことを考えると、250GTのほうに買い得感がある。300GTは排気量の違いから走りに余裕があるものの、その違いは決して大きなものではない。むしろこれが3Lの直噴エンジンの搭載車かと思わせる部分もあるほどなので、リーズナブルな250GTを選ぶのが正解だろう。

さらにいえば、エクセーヌシートが用意されるPコレクションやSコレクションもあまり積極的なお勧めではない。ここで11万円を使うなら、その前にSRSカーテンシールドエアバッグやSRSサイドエアバッグなどのセットを10万円で付けたいし、ビスカスLSDの4万円も先だろう。

さらにいえば、24万円のカーナビも装着するのが普通だから、280万円の250GTを選んでも、5万円もするフロアカーペットと合わせてここまでで車両価格が320万円を超えてしまう。2・5L車を買う予算としてはかなり高いと言わざるを得ない。お勧めできるのはこれくらいまでが限界だ。

<関連サイト>
スカイラインインプレッション

スカイライン紹介
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。