まず最初に注意しておこう。新古車という表示は、中古車販売のルールを決める公取協の規約上は不当表示とされている。登録されたばかりのクルマであっても、新古車という表示をして販売してはいけないのだ。
これは、すでに登録されている中古車なのに、新車と紛らわしい新古車などという名称を使うのは、ユーザーを迷わせることになるため。新古車などという不当表示を使っている店は、それだけで信用の置けない店といえる。

それはともかく、未使用車とか、登録したてのクルマとか、さまざまな表現で、いわゆる新古車が販売されている。
なぜ、登録されたのにユーザーが使っていないようなクルマが流通しているかといえば、最大の原因はメーカーの作りすぎにある。

自動車は計画的に大量生産することで、どんどんコストが下がるの商品だ。そのために自動車メーカーでは少々の無理があっても、計画通りにたくさんのクルマを生産しようとする。
生産されたクルマは何とかして、さばかなければならないので、ディーラーに供給されるが、たくさん作りすぎディーラーの販売力(市場のニーズ)以上の台数が供給されてしまう。

メーカーからディーラーは押しつけられたクルマを放置しては置けないので、自社名義で登録してしまう。このようにしても、メーカーから販売奨励金が出るのでディーラーとしても損がないことが多い。
そのようにして登録されたクルマも、最終的にはユーザーに売らなければならないので、中古車市場に流通させるワケ。
このような理由で流通してくる新古車は、買うユーザーにとっても一定のメリットがある。

まず第一に新車に比べて価格が安いこと。すでに登録されている新古車が新車と変わらない価格ではだれも買わないから、値引きされた新車よりも安く販売されるのが普通。個々に確認が必要だが、まあほとんどの場合で安い。

次に税金が安上がりになる。登録されてすぐに中古車市場に出回った新古車は、仮に新車価格が200万円ほどで、自動車取得税額が10万円だったクルマでも、新古車になると取得税額は7万円弱ですむ。さらに1t級のクルマなら自動車重量税の5万7800円が不要なので、これだけ10万円以上も安上がりになる。

自動車税と自賠責保険料は経過期間に応じた負担することになるから、新車を買うのと変わらないが、税金分だけで10万円以上も安くなるメリットは大きい。

それでいて、新古車の品質はほぼ新車並みだ。実際にはユーザーに使われていないのだから、限りなく新車に近い高品質の中古車と考えていいだろう。
それが安いのだからユーザーにとってのメリットは大きい。新古車は品質の高い中古車を買いたいユーザーや、価格の安い新車を買いたいユーザーにお勧めできるクルマである。

最後に、新古車が不当表示とされているのは、新古車の基準作りが難しいため。販売店によっては500km以上走ったクルマを新古車などと表示していることもあるが、500kmも走ったクルマは普通の中古車と思っていい。新古車という言葉に惑わされないよう、注意することも必要だ。

<関連サイト>
GAZOO.com


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。