308の試乗会が行われたのは、プジョー創業の地であるアルザス地方。コルマールという街の空港で初めて出会った実車は、やっぱり207そっくりだった。その後も対向車を見て、それが207か308か一瞬ではわからなかったほどだ。でもじっくり観察すると、いろんな違いが見えてくる。





横から見ると308のテールゲートの角度はわりと立っていることがわかる。対する207はけっこう寝ている。ルーフエンドとリアタイヤとの位置関係を比べてみれば一目瞭然だ。307がそうだったように、308は207よりも、リアシートやラゲッジスペースの広さも考えたパッケージングであることがわかる。それ以外では、サイドとリアにプレスラインが入り、フロントのフォグランプは縦長となってグリルの脇に出されることが異なる。



もちろんボディサイズも違う。308は全長4276mm、全幅1815mm、全高1498mm、一方の207は4030×1750×1470mmだ。そこには歴然としたクラスの違いがある。そしてこの違いは、室内の広さに現れている。207は横方向こそ前作206より余裕を感じさせたが、前後方向はほとんど変わらず、前席優先という印象が強かった。しかし308は、後席も広い。身長170cmのガイドが前後に座ると、ひざの前には15cmほどの空間が残り、頭上も余裕だ。