Gシリーズ伝統でもあるのだけども反応速度が……

ただし、ひとつだけ大きな問題が残っている。基本的にさまざまなシーンで反応速度が遅いということである。特に再生モードにしたときに一拍おいて画像が表示されることが気にかかった。

ミニHDMI端子を搭載しているが、動画は最大でVGAなので魅力半減。

ミニHDMI端子を搭載しているが、動画は最大でVGAなので魅力半減

とりあえず1枚撮影してから色味を見て調整して……というような場合、再生と撮影を行ったり来たりするのだが、これが異様に辛いのである。また、連写も1.1枚/秒となっている。まあ、このあたりはPowerShot Gシリーズの伝統ともいえる動作ではあるのだが。

それに加え、動画撮影が最大VGA/30fpsというのもちょっと納得のいかないところだ。


まとめ - こちらの要求に応えてくれる数少ないデジカメ

バッテリーはG10と同一のものを採用。ファインダーでなら撮影枚数は1000枚とスタミナもけっこうある。

バッテリーはG10と同一のものを採用。ファインダーでなら撮影枚数は1000枚とスタミナもけっこうある

紹介した機能の他にも28-140mm相当の5倍ズームレンズ、高速かつ的確な顔認識機能、最大1cmまで寄れるマクロ、RAWでの撮影、CIPA準拠で390枚の撮影可能枚数など、PowerShot G11はこちらのやりたいことに充分に応えてくれる高級コンパクトデジカメである。

個人的にはFinePix F30/F31fdの世継ぎとなってくれるデジタルカメラがようやく出てくれたという感触だ。


【関連記事】
PowerShot G11 実写画像

【関連サイト】
キヤノン Powershot G11



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。