芦ノ湖湖畔の山のホテルで試乗会が開催された。ズバリ、アルファ147日本仕様はどうだったか・・・。

”ちゃんとアルファロメオしていて良かった”というのが正直な感想。というのも、アルファロメオがプレミアム感を重視し始めていて、大きめのクルマならいざ知らず、小さい147クラスにまでそれが及んでくると、軽快さとかスポーティさとかが失われるのでは、という懸念があったから。

特に日本仕様は、最上級グレードのしかも今のところはセレスピードのみ。豪華装備も満載、だけど右ハンドルしかない。アルファファンとしては、ちょっぴり不満だったりするのだ。

全体的には、杞憂だったと言っていい。乗り味は紛うことなくアルファロメオだったし、イタリアで乗ったときに感じた昂揚感は、ホンの少しだけスポイルされただけで、ほぼ満足できるものだった。

先に×を言っておこう。

まず、ブレーキのフィーリング。156のようなカックンカックン(かなり良くなってきた気もするのだが)したものではないけど、踏みこんだときの剛性感が物足りない。お尻が軽いせいもあるけれど、適度な効きをともなった踏み応えの持続感に乏しい。ちゃんと効いてはいるのだけど・・・。