英国で生産されるマーチのクーペ・コンバーチブル

マーチよりもプレミアム感を漂わせるスタイリング。専用フロントバンパー&グリルを装備する

発売されて半年たらず、すでに街でこのクルマを見かけた方もいらっしゃることでしょう。中には「何だ?、このクルマは……!?」と思った方もいるかもしれません。

正体は「マイクラ C+C」。英国日産で生産されるマーチ=海外名マイクラをベースに、リアセクションにカルマン社製の電動開閉式ハードトップを架装したという成り立ちです。

顔を見るとマーチだけど、横や後ろから眺めるとマーチとは別物。おなじみのユニークなフロントマスクに、クローズ時にはやや前のめり感のあるサイドビューを呈し、リアビューではテールランプまわりにマーチのイメージが残ります。

C+Cとは「クーペ+コンバーチブル」の意味とはいうものの、やはりこのクルマはオープン状態が本来の姿でしょう。

1500台の限定車も残りわずか!?

ハッチバックに比べて全高は110mm低くなり、全長では車体後半が90mm延長され、プラス2の後席のさらに後ろにルーフの格納スペースを確保

2005年11月より投入された欧州市場でも大きな反響があったところ、日本でも2007年7月より発売されました。ただし、日本では限定1500台のみの販売となっています。

英国仕様なので右ハンドル。トランスミッションは、4速ATのほかに、5速MTを選ぶこともできるのがポイント。どちらも価格は249万9000円となっています。

5種類が用意されたボディカラーの、それぞれの在庫状況は、マイクラC+Cのオフィシャルサイトで確認できます。すでに残り10台を切っているボディカラーが多くなってきているので、欲しい人はかなり本気で急ぐ必要があるでしょう。


走りは次ページでチェック