NSXとの出会い

2000年7月12日。僕の手元にある「NSXオーナーズミーティング」の修了証の裏には、その日付が記されている。

今から5年前、本来ならばNSXオーナーだけが参加資格を持つオーナーズミーティングに取材で参加させてもらった時のものだ。この時僕は事実上初めてNSXと「出会った」。もちろんそれまでに触れてはいたが仕事ではなかったし、その当時(=91年頃)は触れても何も分からなかった頃だ。だからNSXにしっかりと触れて確かめ、走らせて、実力を知ったというのはこの時が初めてだ。

NSX開発中のデザインスケッチ
このミーティングに参加させてもらった時、触れたのはNSXタイプSゼロ。雑誌にも多く登場したし、ベスト・モータリングでは元さんこと黒沢元治さんが良く駆っていたあのクルマだ。そうした使われ方からも分かるようにこのタイプSゼロは、サーキット用の広報車であり、エアコンはもちろんラジオなどの快適装備は一切ない、かつてのタイプRに匹敵する存在だった。

このクルマを走らせて、東京からツインリンク栃木を目指した。時期から想像が付くように、もてぎに付くまでにかなりの体力を消耗したのだった。

ツインリンクもてぎの、ASTP(アクティブ・セーフティ・トレーニング・パーク)の2階にある教室で、座学からミーティングはスタートした。講師は清水和夫氏。実はこの取材は、モーターマガジン誌で清水氏と僕が一緒に連載をしていたページのもの。清水氏の提案で、この回ではNSXとS2000を取り上げ、ホンダのスピリットを考察する…という目的だったのだ。

座学を受けてから実際の走行。この日NSXタイプSゼロのコックピットに収まった時から感じていた「本物」の感触は、サーキットでは怖れすら抱く感触に変わった。乗り込む時、本物だけが持つ緊張感が漂っていた。この凄そうなクルマを存分に動かすことができるのだろうか? と思える緊張感だ。

そんな緊張を覚えつつも、1日存分にツインリンクもてぎを走った。そしてこの日はホテル・ツインリンクに宿泊。夜はオーナーの方や清水氏、そしてホンダ関係者の方たちと楽しいひとときを過ごした。そう、NSXオーナーズミーティングは1泊2日のコースを用意するほど充実した内容なのだ。

開けて翌日。さらに存分にNSXを堪能した。少しづつNSXに身体が慣れ、一体感が得られるようになってきた。そしてもうこの頃には最初に感じた怖れは消え去り、もっと一体になりたいという想いが強くなった。

こうして僕はNSXオーナーズミーティングを体験し、この修了証のカードを清水氏から頂いたのだった。そして僕はこの後、自分のS2000に乗って愕然としたことを今でも強く覚えている。

NSXに慣れ親しんだ身体は、当時圧倒的な性能を持つFRオープンスポーツと感じていたS2000を、まるでマツダ・ロードスターくらいのライトなクルマに感じさせた。それほどまでにNSXは、本物の感触、段違いの感触を備えていたのだった。

僕はこの日、NSXの凄さを存分に思い知らされた。実はこの日まではバブル期に生まれた、悪い意味で和製スーパーカーくらいに思っていた。が、実際にNSXに存分に触れて、そんな自分が恥ずかしく思えた。その日付が2000年7月12日だったのである。

帰り際ミーティングに参加したNSXオーナーの方に、「河口さんもNSXいっちゃいましょうよ」と言われ、僕はこの時「いやいや自分は全然買えないです」と本気で答えたことも良く覚えている。事実この頃NSXを買うなんて夢にも思わなかった。だが心の中でNSXに乗れたら…と思っていたことに間違いはなかった。