新しいコンパクトSUV?

フロントビュー
日産ジュークは一見コンパクトだが、全長4135×全幅1765×全高1565mmとスカイラインの1770mmに迫るワイドぶりが目を引く。一般的な機械式立体駐車場には入らないが、短めの全長と少し高めのアイポイントにより縦列駐車なども容易にできる。価格は15RSが169万500円、15RXが179万250円
日産ジュークは忘れがたいフロントマスクなど、奇抜なスタイルに思わず目を奪われるなかなかインパクトのあるニューモデルだ。SUV的なスタイルでありながら2WDのみで4WDは用意しない。好みの分かれるスタイルはさておき、新しいコンパクトSUVの提案として「つかみはOK」といえるのだろうか。

SUVテイストをふりかけたコンパクトモデルは、先頃2代目が登場したVWのクロスポロやトヨタ・イストなどいくつかあるが、これほど大胆な内・外装デザインを採用したモデルは世界を見回してもほぼお初といえるだろう。確かにニッチではあるが、日本にも導入が期待されるMINIカントリーマンなど、このクラスも活況を呈していくかもしれない

スポーツカー寄りのSUV

リヤビュー
ボディの下半身がSUV的で、上半身がクーペ的なのが特徴。フェンダーまわりの力強さはSUVやスポーツカー的で、下半身の逞しさとボリュームのあるリヤまわりはまさしくSUVそのもの。ウインドスクリーンを天地に薄くしてキャビンをコンパクトに見せている上半身は確かにクーペ的に見える。ブーメラン型のテールランプはフェアレディZのそれを意識したそうだ
ジュークは、ムラーノやエクストレイル、デュアリスなどのSUVのライン上にあるのは確かだが、日産としてはスポーツカーとしての特徴を強く打ち出した意図があるようだ。

実際にステアリングを握ってみると、ステアリングやボディの剛性感が高く、ハンドリングは見た目以上にスポーティで信頼性の高さを感じさせる。街中では「ノーマルモード」で十分で、「スポーツモード」すると文字どおりパワフルでお釣りが来るほど楽しめる。ただし、スズキがいち早く採用したジャトコ製の副変速付CVTを採用していて、CVTとしての完成度は高いが、スポーツカーを標榜するにはもの足らない。パドルシフトの類もないのでシフトチェンジ、シフトダウンの楽しみは少ない。ただし、「エコ」「ノーマル」「スポーツ」の走行モードは期待を裏切らない、文字どおりの出力特性が与えられているし、「スポーツ」モードにすればCVTもスポーティな変速を見せてくれる。

乗り心地も全長が短い割に検討しており、多少のピッチングを許すがジュークのキャラクターに合っている。新型CVTと世界初のデュアルインジェクターを採用した改良型の1.5L HR15DEエンジンの恩恵でアイドリングの静かさも印象的だ。

次ページはインテリアについて