3列目もシートはしっかり

インパネ
エアロ系に装備されるテレスコ&チルトステアリングでドラポジは容易に決まる。このクラスでの採用は評価したい。だができれば全車種への対応と、テレスコピックの30mmという可動幅はもう10mmあるとベターだろう。死角の少ない広い視界は、リラックスにつながるし、3列車を運転しているという意識は少なくて済む
1-2列目とも乗降しやすい低床フロアの威力を感じながら運転席に収まる。大きな三角窓の採用もあって斜め前方の視界など、取り回しのしやすさを左右するポイントをしっかりと抑えているのが、外観スタイルからも分かる。ステップワゴンなどミニバン作りに長じたホンダらしい配慮が随所に見受けられるのだ。

2列目は、背もたれの長さがもう少しあると快適性が高まると思うが、スライド機構を使えば足を伸ばせる。だたし、その状態だと当然3列目の乗員は小さな子どもか、大人なら足を開いて座らないとならない。3列目からの見晴らしはよく、ヘッドレストを頭の高さに上げて、2列目席を前に調整してもらえれば172cmのレポーターでもきちんと座れる。1時間以内の買い物や食事の足としてなら文句も出ないはずだ。170cmを想定したモビリオに対して、185cmの人がきちんと座れる空間作りをしたという。モビリオ・ユーザーの不満に応えた3列目席といえるだろう。

使いやすい荷室スペース

シート
1-2-3と後ろに行くほど、着座位置が高くなる。チャイルドシートを装着するなら車内で動きやすい7人乗りが使いやすい。8人乗りの2列目中央席は、足元に段差はないが、大人3人が乗車すると横幅は結構窮屈だろう。子ども向けだ
両側スライドドア、ウォークスルーなど、ミニ・ステップワゴン的な作りのフリードは、ボディサイズから想像するよりも乗り降りしやすく、ウォークスルーもしやすかった。子ども2人を2列目に装着したチャイルドシートに座らせ、実家の両親は3列目に、自分たち夫婦は1列目に座り、買い物や食事といった日常シーンにマッチする。大きくゆったりではないけれど、車両価格や維持費を考えると「足るを知る」選択だと思わせてくれる。

次ページは人気グレードについて