NSXには一度心をとらえると容易には抜け出せない何かがある

話は変わるが、僕はこの仕事を始めて12年が経つ。この間に試乗したクルマの数は実に数千台に達する。実に様々なクルマを試すことができた。しかしそんな中で僕の心に染み渡り、これぞ愛すべき存在…と思えた国産のスポーツカーは3台のみ。それがロードスターであり、S2000であり、NSXなのだ。

これらに共通するのは全て、作りのこだわりが熱すぎるほどに徹底して込められていること。あくなき情熱、時には強引な想いによって、マーケット・インではなくプロダクト・アウトの形を取って世に出たものである。

僕が自動車を好きな理由、愛している理由は、実はそうした部分にある。作り手が本気で提案するスポーツカーにこそ、血が通っている感覚を覚える。だから例え出来が悪い部分があったとしても、それを含めて血が通っている(ように思える)という感覚を大切にしたいと思うのだ。もちろん世界にはそうしたクルマは何台もあるだろう。

しかし、この僕という1人の人間に、この12年間のタイミングで、経済的な事情まで含めて運命的に出会い、結果僕自身が熱狂し、離したくないと思うほどの思い入れが持てるクルマ…というのは当然出会う台数も限られる。しかも僕は自分自身が生まれた日本で、きめ細やかな感性とある意味異常とすら思えるほど尋常ではない情熱とこだわりが込められて作られた、日本の自動車メーカーのエンジニアたちが送り出すクルマこそ、自分が乗って何かを感じるべきクルマなのだといつしか思うようになっていた。

そう考えるとこの3台は確実に僕自身にハマり、僕自身も3台にハマり、僕の人生を確かに変えてきたのだとすらいえる。実はNSXを持ちながらも、何度かポルシェを買おうと思ったことはあるのだが、やはりそこで踏み止まれるのは、作り手の顔や独自の世界が思い浮かぶからだ。そう、大切なのは自分自身が、勝手に思い込めるほどの存在であり、世界観なのだと思う。

そしてNSXにはそれが強烈にあった。ある意味宗教のように、一度心をとらえると容易には抜け出せない、いや抜け出したくないと思えるような不思議な魅力があるのだ。そう考えるとますます、NSXが生み出す「ひとつの世界」のことを思う。

3~4後に登場するだろう後継車はV10…それを考えた時、果たしてこのクルマに現行NSXがこれまでで作り出した、あまりにも大きな「ひとつの世界」を構築できるのだろうか? ということがとても気になるのだ。